せーはくの備忘録

  ブログ (blog) は、World Wide Web上のウェブページに、覚え書きや論評などを記すウェブサイトである。

『誓い』リリイベの話

コンビニで186円分の買い物をしたんですけど、お釣りの枚数減らしたろと思ってドヤ顔で231円出したんですけど、お釣りが45円でした。

僕もレジ打ちのバイトをしてたんで分かります、「あの、これだとお釣り45円になっちゃうけど大丈夫ですか?」と訊くよりもさっさと会計して45円渡したほうが楽だということが。だから店員さんを責める気は全く無い。

だけど、そのまま立ち去るのも何か悔しいので、「算数からやり直してきますわ!」とひと声かけました。そこで気付いた、店員さんめちゃ可愛い。そしてその可愛い顔で笑ってくれた。

ねぇ先生。算数ができなくても、僕は幸せを掴むことができたよ。

 

 

 

 

 

リリイベの話をします。

といってもイベントには不参加だったので、雑談というか所感というか、そんなノリです。

 

『誓い』発売 | 雨宮天オフィシャルブログ「天模様」Powered by Ameba

そして今日はリリースイベントも行わせていただきました。
私が皆さんに励まされ、皆さんから強いパワーをいただいた時間でした。
目まぐるしい日々の中、良い日ばかりでなく色んな日があって、つい大切なことを忘れそうになる日もあるけれど、すぐ傍にそれを思い出させてくれる皆さんが居て、私に乗り越える力をくれる。
だから私はどんな時も、心折れそうになっても、乗り越えることを諦めず前進していきます。
皆さんにキャラクターを通して、歌を通して声を届けていきます。
その時の全力を届けながら、その先の理想を目指し続けます。

沢山沢山届きました。
いつも心強い味方でいてくれて、本当にありがとう。

来てくださった皆さん、ありがとうございました!

 

 

 

情報の整理

 

今日のイベントについて、分かってる情報をざっくりまとめると、

  • 『誓い』発売日の今日、都内某所でリリイベがあった
  • 雨宮さんは喉の炎症だった
  • そのため、トーク&ミニライブの予定だったが、短めのトークとお見送り会に変更された
  • 雨宮さんは涙を流していた(もしくは堪えていた)
  • イベントの実施は、雨宮さん自身が決断した

といった感じでしょうか。

そして、それに付け加えて、僕の主観や伝聞で以下の項目があります。

  • 4月29日のTrySail名古屋公演2日目、声があまり出ていなかった(前日はいつも通りに聞こえた)
  • 5月6日のTrySail福岡公演も、同様に不調だったらしい
  • 5月8日のTRYangle harmony(4月30日~5月5日の期間に収録していたはず)でも、声がかすれ気味だった

の3項目。

 

 

 

ステークホルダーの立場

 

ステークホルダー、つまり利害関係者について考えてみます。根拠もクソもないので全て推測になってしまうけどな。

 

 

まず主役。雨宮さんってこんな人だよね。っていう、個人的な印象。

  • プロ意識が高い
  • ファンの前で弱いところを見せない
  • リリイベを大切にしている
  • 特に今回のシングルについては強い思いがある
  • 最近、デコルテや肩を出しがち

 

事務所さんについて。

  • 所属アーティストを使ってお金を稼ぐ
  • アーティスト=商品
  • 最終決定権は雨宮さんではなく事務所にある(はず)

 

店舗・リリイベ会場について。

  • 事務所と契約した時点でお金は回収している
  • 無料招待イベントなので、実施されても中止になっても影響なし

 

参加者について。

  • 平日19時開演のイベントだったので、参加する層が限られる
  • 3回行われるリリイベのうち、今回が唯一のミニライブ付
  • (多分)みんな雨宮さんが好き
  • これまで、雨宮さんに対して直接話しかけられる機会はほとんど無かった(A賞の御挨拶等のみ)

 

 

店舗・イベント会場については、考察から除外してもよさそうですね。

 

参加者の中には、「なんでこの体調なのにイベントやらせるんだ」と怒る人もいただろうし、「心配ではあるけど、ぶっちゃけ接近できてラッキー!」と幸せな人もいただろうな。それは別にどっちでもいいと思うけどさ。

部外者の気持ちとしては、コレを美談にしちゃいけないよねーとは思っています。

 

 

いちばん大事なのは、雨宮さんと事務所さんがどうだったかということだ。

 

実際のやり取りは知らんけど、

事務所「イベントやれるか?」

雨宮「やります」

事務所「わかった。でも、歌はやめてトークだけにしよう」

雨宮「ならせめてお見送りだけでもさせてください」

みたいな流れだったんじゃね?と想像してます。わからんけどな。

 

上に書いたことから、4月29日から今日に至るまでの約10日間、喉の調子が悪かったことが予想されます。

そして、雨宮さんはTrySailの一員としてツアーを開催中です。

そしてそして、もちろん雨宮さんは声優なので、ライブ以外にもアフレコのお仕事があります。ライブが土日に組まれているということは、多分平日にアフレコをされているんでしょうな。

 

もちろん事務所さんも、雨宮さんの体調は把握していたでしょう。

 

 

 

個人的な気持ち

 

こっからが本編。

 

まず、「やれるか?」って訊いたら「やります」って言うでしょ、雨宮さんは。っていうね。しかも今日は『誓い』の発売日当日です。自分が長年演じてきた作品があって、それの主題歌を担当することになって、発売日当日にリリイベがあるなんて機会、滅多にない。

 

で、そんな雨宮さんの意志を止めるのは、事務所さんにしかできないことです。オタクにはできねぇ。

でも、それをしなかった。

仮にイベントが延期もしくは中止になったとしたら、代替イベントをどこかで実施するなり、お詫びの品を送るなりする必要が出てきます。それは会社の経営的には痛手であり、本来必要のない出費です。つまり、やれるならやっちゃったほうがいい。

良い方向に捉えれば「アーティストの強い意志を尊重して」、悪い方向に捉えれば「アーティストの強い意志を利用して」、結果的にイベントは行われました。

 

一方で、雨宮さんは商品です。

商品の品質を管理するのは会社、つまり事務所の仕事です。

実際の管理度がどれくらいのもんなのかは分からないけど、極端な話、食事や住環境や生活リズムを管理することで、商品の品質を高水準で守ることもできなくはないはず。しかもただの商品ではなく、声やらルックスやら、まさに「身体が資本」の商品です。

だから、雨宮さんの自己管理が甘いという面もあるかもしれないけど、そもそも管理をどこまでやれてたのか?果たして本人に丸投げしていなかったか?という疑問はあるっちゃある。

 

 

 

なんかごちゃごちゃとしてきて面倒だからぶっちゃけると、頼むから!金落とすから!だから俺の好きな人にしんどい思いさせんでくれ!!!!!!!ということなんだな。

 

そりゃ本人はリリイベやりますって言うし。その気持ちはマジで嬉しいけど、嬉しいけどしんどい。超しんどい。

10日だぞ、10日喉が悪かったらそりゃ雨宮さんもしんどいだろう。もしかしたらアフレコ飛ばしたりしたかもしれない。ただでさえプロ意識が高い人だから、メンタル的にもしんどかったかもしれない。その上で大好きなリリイベをさせないというのは酷かもしれんけど、それでも事務所さんどうにかできんかったんか…と思わずにはいられないです。オタクってワガママだな~。

 

もし、もしリリイベ実施を決断した理由に、「リリイベやらなかったら失望されちゃうかも」という気持ちがあったとしたら、これは超絶何様案件なんですけど、「もっとファンのことを信じさせてあげたかった」って思うんです。いやマジ何様やねん。

リサイタルあたりからかな、すごくファンに対して近くなったというか。「信じていいんだ、この人たちは私の味方なんだ」って思ってくれてる感じが伝わってきて、めちゃ嬉しかったんです。

正直な話、リリイベやったら「無理してくれてありがとう」だし、リリイベやらなかったら「大丈夫!次は元気な声を聴かせてね」だし、好きな人のすることなんて基本全肯定ですよ。伊達にオタクやってねぇぞコラ。

だからこそ、こう、なんつーか、難しいな~。あんたが思ってるより俺はあんたに惚れてるからな!!!というのをね。それがちゃんと届いてたら「いや、マジでごめんなさい!今日は無理!でもあんたらどうせ私のこと好きでしょ!だから許せ!!」くらいのテンションで休めたのかなぁとか。逆に、届いてたら届いてたで余計無理させちゃうかもしれないけどさ。

 

 

 

今ブログを読んだんですけど、悔しさ滲みまくってるけど、それ以上に未来に向かってる感じが伝わってきて、もう全然敵わん。カッコいい。好きすぎる。

仮に接近戦が雨宮さん発案だとして、普段接近戦なんてしたくなさそうな(偏見)雨宮さんがそう言ってくれたんだとしたら、そしてそこに「ファンの方から励まされたらきっと私は未来に進める。だから直接話したい」という意図があったんだとしたら、かなりアレですよ、無理になる。

 

心強いかどうかは知らんが、間違いなくずっと雨宮さんの味方なので、こう、オタクらしく慎ましやかに応援して、あわよくば支えになっちゃったりしたいですね。

 

早く快復しますように!

 

 

 

 

おわり