せーはくの備忘録

  ブログ(blog)は、World Wide Web上のウェブページに、覚え書きや論評などを記すウェブサイトである。

20150913プラメモ昼

2015年9月13日にラフォーレミュージアム六本木で開催された、「プラスティック・メモリーズ~Memories for you~」昼の部のイベント。
登壇者は、内匠靖明さん、雨宮天さん、赤﨑千夏さん、矢作紗友里さん、OPの佐々木恵梨さん、EDの今井麻美さん、1話EDのメロディー・チューバックさん。
司会はニッポン放送のよっぴーこと吉田尚記さん。

夜→こちら

会場は平べったいホールに椅子が並べられてる感じ。
ステージがわりと高いので、座ってれば後ろからでも見えるかな、くらい。

ステージ上には椅子が6つ、上手と下手に作中の遊園地風のイラストボード。
内匠さんの3分前影ナレ(文末は「なので。」)のあと、司会とキャスト登場。

下手から、吉田内匠雨宮赤﨑矢作。
雨宮さんの衣装は、灰と白のチェック?のワンピース。髪はブログによるとアイラをイメージしたそう。
全体的にアイラっぽい感じです。

雨宮「こんにちは。アイラ役の雨宮天です。一緒に楽しんでいきましょう。よろしくお願いします」
吉田「今週僕のラジオ(ミュ~コミ)に来てくれた時、ドSキャラなことが発覚しました」
雨宮「そんなことないです~(手ヒラヒラ)」

OPEDアーティストの2人も登場し、佐々木今井内匠…の順に着席。司会は立ちっぱなし。


・お気に入りシーンについてのトーク
6月のイベント等でキャストのお気に入りシーンについては触れられているということもあり、佐々木さん今井さんがいくつかチョイス。

1.佐々木さんチョイス、第3話より。
ツカサが必死に筋トレとかを頑張って、空回りしてる一連のシーン。以前の赤﨑さんと同じシーンを選択。
佐々木「ミチルの虫けらを見るような目がかわいいです」
内匠「ツカサじゃないの!?」
吉田「パンチが決まると雨宮さんが嬉しそう」
雨宮「最近Sが漏れちゃってるんですかね」
今井「もっと漏らしてこ!」

2.今井さんチョイス、第1話より。
最後のニーナのお別れシーン。
今井「このあと2時間位ボーッとしちゃった。素晴らしい作品に関われたなぁと。画面を通して、役者の愛が伝わってきました」
雨宮「嬉しいですね」

3.佐々木さんチョイス、第10話より。
アイラの告白が成功したシーン。
佐々木「このザック!!」クラッカーぱーんしてる時。
矢作「え、ザック?私喋ってないけど…」
佐々木「クラッカーって、わざわざ買ってこないと持ってないじゃないですか。ザックええやつやん!と思いました」

佐々木さん今井さんは一旦退場。
残された5人の間には、「佐々木さんやべえ…」といった空気が。


・第1回プラメモ王選手権!
様々なゲームをやり、最もプラメモのことを知っているのは誰かを競う企画。
吉田「賞品もあります」
雨宮「賞品」
吉田「貰ったらちょっと嬉しいやつです」
雨宮「勝ちにいきます」

「ギフティアオーダーメイド対決」
藤原監督がオーダーしたギフティアをスケッチブックに描き、どれが最もオーダーに近いかを拍手判定するゲーム。
・女性
・年上
・基本的に無表情、ご飯を美味しそうに食べる、箸の使い方が綺麗
・仕事を頑張るとキャラものの可愛いアメちゃんをくれる
というオーダー。

内匠「僕ほんと絵がダメなんです」
といいつつ、スタート。
様子を見ていた吉田さんの「なんか怪しい人がいるぞ」という発言に、一斉に雨宮さんのスケブを見て爆笑する3人。
矢作「天ちゃん、全裸はやばいって」

矢作赤﨑内匠の順に発表し、最後は雨宮さん。

S__12787770

こんな感じ。
髪はぱっつんじゃなくておデコ丸出しな感じでした。
片手で箸と丼を持ち、左手にはクマのアメちゃん。
「裸はやばい」発言を受け、慌てて塗ったスーツ。

結局、この対決は矢作さんの勝利。

「プラメモクイズ対決」
共演者からのビデオメッセージでクイズが出題され、正解は10P、良解答なら5P。

1.愛美さんから
朝にアフレコがあったため、朝食を現場で食べることもあったそう。
上坂さんがリンゴを持ってきてて、一時流行ったとか。
「ではそんな食べ物についての問題です。私が昨日の夜に食べたものは何でしょうか?1.焼肉2.刺身3.何も食べてない」
内匠雨宮矢作が1、赤﨑さんが2。
矢作「肉食いたいって言ってた記憶があるから」
雨宮「肉好きなイメージがあります」
正解は2の刺身。
矢作「間違えたけど別にそんな悔しくないや」

2.拝真之介さんから(途中で日野聡さん乱入)
まず、画が面白い拝さん。
事務所の個人ページそのままな感じ。
兄貴分の内匠さん曰く、毎回のアフレコで感銘を受けたシーンを詠んでいたそう。
そんな拝さんからの問題は、「12話のアイラとツカサのシーンで詠んだ次の句の、空欄に入るのは?正解者には僕の直筆の句を2つ差し上げます。ヒントは『よしよし』です」というもの。
その句は「果つる日の 影に涙し 不眠(ねむらず)の 夜をなぐさむ 〇〇〇〇」
吉田「いつもあんな格好だったんですか?」
雨宮「黒と白とデニムの種類の作務衣は見たことがあります。あと、足袋?草履?下駄?で毎回アフレコに来てて。今考えてみると異様な光景ですよね。最初はベテランの方なのかと思っていました」
解答はそれぞれ
内匠「あたまなでなで」
雨宮「手つきやさしく」
赤﨑「からだ抱きしめ」
矢作「君のてのひら」
正解は「かたわらの腕」。
手の要素があったからという理由で、雨宮さん矢作さんに10P。
矢作「句は2枚ともあげる!」
雨宮「あ、ありがとうございます(?)」

3.上坂すみれさんから
打ち上げで雨宮さんが、よこはまコスモワールドの観覧車のペアチケットを当てたというエピソードを披露。
問題を出す側は苦手とのことで、「"ち"で終わる3文字の言葉を5つ、25秒以内に答えてください」という問題。全くプラメモ関係ないですね。
雨宮「ちで終わるの、そんなにあります…?」
と言いつつ出した答えは、「はまち おもち」の2つ。にじみ出る食い意地。
さすがに少なすぎない?という声に、
雨宮「おもちに気を取られてしまって。たまたま昨日、家で『おもちおもちおもち!』って言ってて。最近おもちって言葉にハマってるんですよ。他の人に『おもちおもちおもちおもち!』って、ボイスメッセージで送りつける遊びをしてるんです!」(o・∇・o)
吉田「相手はどんなリアクションを…」
雨宮「いいね!って言ってくれました!」
結果、5つ答えられたのは内匠さん赤﨑さん。
VTR中に上坂さん本人も挑戦したものの、「敵地、泊地、察知、感知」の4つ止まり。にじみ出るミリオタ。

ここでプラメモ王選手権は終了。
集計結果は最後に発表されるとのこと。
雨宮「観覧車のチケットは、まだ家にあります。有効期限が1年間なので。でも高いところ苦手なんです。観覧車怖いですよね!」
吉田「あの観覧車のシーンを演じていた人とは思えない…」

次は、ガラッと雰囲気が変わって朗読のコーナーに。
林直孝さん書き下ろしの「優しい明日への贈り物」という朗読劇。
相手のためにサプライズ企画を考えるツカサとアイラ、それを冷やかしつつも見守るミチルとザックといったストーリー。
イベント物販のパンフレットに、台本全文が掲載されていました。後で読み返せて思い出せるし、ありがたい配慮でした。
雨宮さんは、右手をぎゅっと握りつつ右腕の力み加減で感情表現をするいつもの感じ。足元は見えず。
表情は完全にアイラとリンクしてる様子。

劇中に出てきた、ツカサの「好きだー!」の叫びについて、
赤﨑「リハよりもさらっと言ってたね」
内匠「夜では変えていきますよ」
雨宮「やっぱり言われると恥ずかしかったです」

4人が退場し、ライブパートへ。

1.佐々木恵梨『Ring of Fortune』
6月のイベント、アニサマと聴いてきたけど、聴く度に上手くなってる感じ。
いつも1番サビより2番サビのほうが声が出てて、緊張しがちな方なのかなとか、それだけ作品への思いが強いんだろうなとか感じました。
もしかしたらこの曲をもっと上手く歌える人はいるかもしれないけど、この曲をプラメモOPと考えると佐々木さんが最もふさわしいように感じた。ボキャ貧。

2.メロディー・チューバック『again&again』
基本的にはニーナのシーンをバックに歌っていた。
OPEDに加え、挿入歌まで聴けるのは作品イベントならではで嬉しかった。

3.アイラ(雨宮天)『好きなので。』
雨宮「林さんが歌詞を書かれていて、アイラらしい言葉で綴られています。きっと皆さんの心に届く歌になると思います。アイラとして歌います。それでは聴いてください」
アイラの声で高音を出したりサビを歌ったりするのは難しいと思うけど、なんとも絶妙なバランス。
夜の部で言及があったけど、多分わざと下手に歌っていて、本人名義での歌唱力と演技が上手いからこそできる技だなぁと。
アイラの訥々と話す感じがよく出ていました。
スクリーンにアイラと雨宮さんがそれぞれ透過されて映っていて、目の位置が重なった瞬間にアイラの目から涙がこぼれ落ちるという神演出。
かと思ったら、夜の部ではそうなっていなかったので、多分たまたまです()

4.今井麻美『朝焼けのスターマイン』
歌唱力は当然なんだけど、それだけじゃない何かがある感じ。
イベントの雰囲気が完全に今井さんのステージになったような。
劣等生の時のLiSAみたいな感じ(伝わらない)。


全員が登場。
下手から、吉田今井メロディー佐々木矢作赤﨑雨宮内匠の順。
歌について聞かれ、
雨宮「普段とは歌い方も違うので緊張しました。歌詞がアイラに寄り添っているので、大切に歌いました」

プラメモ王選手権は、赤﨑さん矢作さんが20Pで優勝。
2人には、グラスと紅茶のアフタヌーンティーセットの目録がプレゼントされました。

下手から挨拶。
雨宮「アイラ役の雨宮天です。プラスティック・メモリーズを愛してくださる方の前で、アイラをまた演じられたり歌ったりして、緊張したけど楽しかったです。これからもプラスティック・メモリーズをよろしくお願いします」
内匠さんの、「皆さんの心には、どんなメモリーが刻まれましたか?」という恒例の決め台詞で昼の部は終了。


本当はもっと笑いにあふれるイベントでしたが、それが伝わらない記事になってしまった。
全体的に内匠さん赤﨑さん矢作さんが引っ掻き回すという、予想通りなイベント。
それに今井さんも加わり、佐々木さんはまさかのキャラを発揮し、終始賑やかな感じでした。
それでもやはり朗読劇やライブはプラメモらしさがあり、登壇者の誰かも言ってたけど、「1つで2つのイベントに参加できたような」感じでした。
内匠さんと絡む雨宮さんは変に気張ってなくて、それが嬉しかったというか、いいなぁと思いました。
どうやら、年内に発売されるプラメモラジオの3枚目のCDにイベントの模様を収録した映像が付くらしいので、チェックするといいかもしれない。