せーはくの備忘録

  ブログ(blog)は、World Wide Web上のウェブページに、覚え書きや論評などを記すウェブサイトである。

20151010東工大クラクラ

2015年10月10日に東京工業大で行われた『クラスルームクライシス』のイベント、「コラボステージ A-TEC特別課外講義 in 東工大」。

登壇者は、 内田雄馬さん雨宮天さん小林ゆうさん津田美波さん夏川椎菜さん。
司会はアニプレ宣伝担当のかたぴーことカタヤマさん。



下手から、司会内田雨宮小林津田夏川の順。
ナンスの緑ニットスタイルがかわいかった。

着席時、自分の前に置かれたペットボトルのキャップの色が青いのを見て、白だった雨宮さんのものと交換する夏川さん。
津田「さすがTrySail!」
内田「じゃあ津田さんが(ピンクだから)もちょだ!…って俺もだw」

・それぞれのキャラについて
内田「ナギサの成長物語でもあって、ものづくりに対する姿勢を改めて教えてもらった」
雨宮「イリスは難しかったですね。無口でクールなキャラかと思ったら、ぼーっとしてるというか。かわいいところもあって。例えばご飯を食べてるところとか。後半に行くにつれて印象が変わって、記憶を取り戻していく中で人間らしく変化していきました。あんまりやりすぎるとイリスじゃなくなってしまうので難しかったです」
小林「6話でイリスと心が通じ合えました」
津田「森久保さんが現場を引っ張ってくれて…」
ここで水をこぼす雨宮さん。
一同(特に小林さん)が慌てる中、「いつか乾くから!」と動じない津田さんさすが。
司会「では次は…」
津田「ちょっと、ナンスにも振ってよ!私ナンスのこと大好きだから許さないよ」
小林「私は天ちゃんが大好き!」
内田「僕居場所ない…」
そして内田さんは司会の机に向かい、そのまま司会に。
夏川「アキはロケットに対して情熱的で。私の中の少ない情熱を頑張って燃やしました」

ペットボトルロケット企画について
津田「思ったより飛んだよね」
司会「200mくらいですね」
内田「こんなにペットボトルも、飛ぶんですね!!」
あまりのわざとらしさに司会を降ろされる内田さん。

・気になるキャラ
雨宮「花子ですね。イリスに向けてくれる優しい表情や、波のある激しさとか」
夏川「カオルコとスバルです」
津田「1年生だね。私は3バカのサクゴ、コジロー、スバルです」
雨宮「その3人はアドリブもたくさんあって凄かったですね」中の人は近藤さん、豊永さん、南條さん。
内田「20カットくらいずっとアドリブしてたりしてました」

東工大学生からの質問
Q.好きな屋台は?
雨宮「じゃがバターです(いい声)」
客「屋台あった!」
雨宮「でも私今炭水化物抜きダイエット中で…」
夏川「わたあめです。メイクルームでわたあめの匂いしたからあると思うんですけど…」
客「あった!」
夏川「やった!」
内田「僕もね、じゃがバターなんです」
雨宮「じゃがバター」目キラキラ。
内田「じゃがバター」
内田さんに向かって身を乗り出しじゃがバターの良さを語る雨宮さん、徐々に後退する内田さん。
小林「私もじゃがバターなんです」
津田「じゃあ私もじゃがバター」
司会「夏川さんは?」
夏川「……」
津田さん小林さんが夏川さんを誘拐し、5人が集まる。
津田「好きな屋台は~?」
客「じゃがバター!!」
盛り上がる一同、盛り上がるあまり水を落とす小林さん。
なんなんだこれ…w

その後じゃがバター屋台で売り切れが出たりしたそうな。特需すごい。

Q.「学祭のテーマは『the future』ですが、みなさんのfutureは?」
津田「明日はイベントです」
雨宮夏川「ライブですね」
小林「イベントです」
内田「……頑張ろうな!!」

Q.「5人で文化祭の企画をするとしたら?」
小林「東工大のみなさんにクラクラのゲームを作ってもらおうと思ってたんですけど…じゃがバターの屋台やります!!」

Q.「東工大は4期制に改革されます。みなさんはどんなことを改革したいですか?」
雨宮「早寝早起きにしたいです。22時から2時に成長ホルモンが出るらしいので、せめて23時位に寝たいです。美容と健康にいいので」
夏川「3食ちゃんと食べたいです」
雨宮「不規則なんですよ、ポテチばっか」
小林さんが雨宮さんに耳打ち。
雨宮「ポテチじゃなくてじゃがバターにしない??」
夏川「こわいよー」
内田「あはははwww」
津田「なんで笑ったの」
内田「若い子が困ってるのはいいですねぇ」
夏川「ちょっと気持ち悪いです」
内田「僕は改革したいのは、ウチダミクスというか…まぁいいや」
司会「津田さんは?」
内田「ツダミクス、ツダミクス」
雨宮「しーっ」
夏川「無視しましょ」無慈悲である。

Twitter募集の質問
Q.「自キャラと別に演じたいのは?」「憧れるようなキャラは?」
津田「私、ナギサかカイトかで言うと、カイト派なんですよ。熱血さと、エンジニアとしての腕がいいなぁって。アキの機械いじりが好きなところも憧れます」
司会「夏川さんはどっち派でs」
夏川「カイトですね」
司会「雨宮さんは?」
雨宮「私はナギサ派です。身を挺して守り続けてくれましたし、誰にも秘密を明かせない状況で頑張っていましたし」
小林「アンジェリーナを演じている身としてはやっぱり…カイト、っておい!」突然繰り出されるひとりノリツッコミ。

ここでプチ告知。
ドラマCDの制作が決まっているそう。
津田「高校生といえば…」
夏川「歌う…?」
内田「はーてないそら」コバルトの最初。
小林「歌といえば、作中でTrySailの夏川さんが」
夏川「アキとして歌わなきゃいけないので難しかったし恥ずかしかったです」
司会「みんなでカラオケに行く話なんですよね、ドラマCD」
津田「マコトが歌うのは、篠原涼子さんの『恋しさとせつなさと心強さと』です。全体的に懐メロが多かった。会社の上司と仲良くなれるような」
雨宮「これからの参考にしていただいて」

Q.「得意科目や苦手科目、テスト勉強の仕方は?」
夏川「書いて覚えたり、教えて覚えたりしてました。でも成績はよくなかったので参考にしないでください」
内田「教えてたのに?」
雨宮「困らせないでください!」
内田「チームワークいいなTrySail…」
小林「成績は覚えてないんですけど、美術は一生懸命やりました」
雨宮「私理数系ができなくて。東工大の皆さんはスペシャリスト、すごいですよね。理数系はテスト勉強もしなかったですね…いや、全部しなかったです」
雨宮「どうやったら勉強って好きになれるんですかね?嫌いでもfutureを見据えてってことですかね」
津田「興味あることなら頭に入ってくるし、いろいろ興味を持つことが大事なんじゃないかな」ぐう正論に会場拍手。

ここで告知。
現在、Dlifeという無料のBSチャンネルで再放送中らしい。BS258ch。
そして12月25日に発売されるBlu-ray/DVD第3巻には、OVA5.5話が収録されるらしい。
また、ドラマCDは第1巻につく(はず)。
司会「5.5話はどんな話でしたっけ、雨宮さん」
雨宮「それ私にふります?w えっと、肌色が多いという噂が…」
内田「ミズキあれだしね」スクリーンに映っている5.5話の一場面(ミズキ入浴中)を指しながら。

最後の挨拶。
夏川「大学でやれるということで、特殊な緊張があったんですけど、楽しく話せて良かったです」
雨宮「このステージにあがるまで雰囲気がわからなくて緊張したんですけど、歓声がすごくて、わちゃわちゃしたりしたけど緊張がなくなりました。勉強しててわからないことがあって行き詰まったりしたらクラクラを見て、逆転の楽しさを味わってください。ドラマCDやOVAもあるので、楽しみにしててください!」


以上です。
小林さんの雰囲気が文面じゃ伝わらないのがなんとも…w