せーはくの備忘録

  ブログ (blog) は、World Wide Web上のウェブページに、覚え書きや論評などを記すウェブサイトである。

20151011TrySail2nd

2015年10月11日にパシフィコ横浜で開催されたイベント、「LAWSON presents TrySail Live 2015 “The Golden Voyage of TrySail”」

これは昼の部ですです。
これはというか、夜はメモしてないので書けないです()

出演者はもちろんTrySail麻倉ももさん、雨宮天さん、夏川椎菜さん。

一応。
1st劇→こちら
1st昼→こちら
1st夜→こちら


セトリ。
01.Sail Out/TrySail
02.僕らのシンフォニー/TrySail
03.ピカピカの太陽/夏川椎菜
04.星間飛行/麻倉もも
05.Velvet Rays/雨宮天
06.コバルト/TrySail
07.茜色(表記未確認※)/TrySail
08.ひかるカケラ(表記確認済)/TrySail

09.ブルーウォーター/TrySail
10.ウィーアー!/TrySail
11.Baby My Step(表記確認済)/TrySail
12.ホントだよ/TrySail
13.Youthful Dreamer/TrySail
アンコール
14.お肉地獄(ネタ曲)/シンフォニー
15.ひかるカケラ/TrySail

※夏川さんのブログで、『あかね色』であることが判明。

青は新曲。
夜の変更点は、3~5のソロが「麻倉→雨宮→夏川」、14が「おもち2兄弟とおにぎり2兄弟、はいここまで。お腹すいたね~」、15が「僕らのシンフォニー」。
合間のMCではトークの他に、コントやら漫才やらが入っていました。
コントの台本は、お馴染みの伊福部さん。
12日放送のポアロのラジオで、「ネタは4分×20本つくった」旨を話されていたそうな。すごい。


ステージ構成は、1stの三角まみれとは変わってひし形が多め。
真上から見ると、◇状に◇形のステージが配置されていて、◇の下頂点のサイドに小さめの◇形ステージがある感じ(わかりにくい)。
東西南北に◇、プラス南東と南西にプチ◇って感じというか。
上下で見ると、「南<南東=南西<東=西<北」の順に高くなる。
もちろん、通常設営のメインステージもあり。
図解しようとしたけど諦めました。
以後、東西南北とメインでステージ場所を表記します。

スクリーンはステージ左右にそれぞれ、中央はなし。
1stであったOPムービー的なものはなし。

3人登場。
パンフの衣装っぽいのを着用。
夏川さんが西、麻倉さんが北、雨宮さんが東のステージに。

まず、いきなり劇風のコント。
TrySailコント「prologue」
「笑顔を探す船旅」に出かけた3人。
しかし乗った船が漂流してしまい、飲み物も切れてしまったという状況。
麻倉「海水飲んでないよ!でもちょっと甘いパンが食べたいな」
夏川「飲んだでしょ!!」

コントが終わり、3人がメインステージに降りてくる。

01.Sail Out/TrySail

1stではアンコール前最後の1曲だったのを、冒頭に持ってきました。
1stは「出航」がテーマ、今回は「航海」がテーマってのがとてもわかりやすいセットリスト。
まず出航しないと航海できないし。
そういうのを象徴するに相応しい楽曲だなと、改めて感じました。

麻倉「こんにちは!LAWSON presents TrySail Live 2015 “The Golden Voyage of TrySail”、昼の部が始まりました!こんにちは、麻倉ももです。1stから5ヶ月、またここに帰ってきました。2階3階、1階まで!いっぱいで嬉しいですね。今日は皆さんが楽しいなって思えるようなライブにしたいです!」
雨宮「こんにちは雨宮天です。雨大丈夫でしたか?
観客「大丈夫!」
雨宮「あ、よかった、晴れてましたか?」
観客「あー…」
雨宮「晴れてはいないとw でも雨じゃなくて安心しました。名前のせいで雨女みたいに言われちゃうので。(会場のあちこちを指しながら)端から端から端から端から端から端までありがとうございます!上の人は絶対に落ちないように気を付けて、盛り上がっていきましょう!」
夏川「こんにちは!」歓声。
夏川「まだだなー。昼だけど元気だしていきましょう、こんにちは!」大歓声。
夏川「2ndでパシフィコ横浜は2回目、楽しみです!一緒に頑張っていきましょう!」

パシフィコにまた帰ってきた、というところから。
麻倉「出航したのにね」
雨宮「実家みたいな感じだね」
麻倉「船出ちゃんとできてますかね?」歓声。
夏川「Sail Outは出航だからね」
麻倉「ぐぁーん!って感じだった!」
雨宮「…元気が凄かったってことかな?」
麻倉「そう!」

麻倉「やりたいと言っていたコントから始まりました。このあともちょいちょいあるので、面白くなくても笑ってください!あ、良ければ座って、どうぞー」
雨宮「うあああああ!かゆい、かゆいよ!!!!」
麻倉「!?」
雨宮「コントが…やりたいんだ!!」
ステージ下手に遠ざかり、こちらに背中を向けて立つ夏川さん。
麻倉「2本くらいでいいかな…?」
雨宮「足りないッ!」
麻倉「わかった、じゃあ天のかゆみが治まるまでコントやっていいですか!」歓声。
夏川「…」
麻倉「ナンちゃん?」
夏川「引いてないよ…」

南ステージにスタンドマイクが準備され、3人にスタッフさんから台本と物販のパーカーが渡される。
麻倉さんがパーカーの宣伝(?)をしてて(うろ覚え)、
雨宮「気持ちこもってる?」
麻倉「ホントだよ!」という一幕も。不意打ちかわいい。

夏川「TrySailコント、不動産」
スクリーンには「realtor island」不動産島。これらのコントタイトルも、「航海」をテーマに据えてる感じ。
ルームシェアをする部屋を探しに、アマゾラ不動産に訪れた麻倉夏川。

夏川「TrySailコント、ピザ」
スクリーン「pizza island」
レインピザに注文をする夏川さん、配達をしに玄関まで来た麻倉さん。

夏川「TrySailコント、学校」
スクリーン「school island」
夏川先生と、遅刻してきた2人の生徒。

夏川「TrySailコント、食レポ」
スクリーン「reporter island」
ディレクター夏川さん、レポーター麻倉さん、店主雨宮さん。
(夜は、レポーター雨宮さん、店主麻倉さん)

夏川「TrySailコント、面接」
スクリーン「Interview island」
バイト面接官夏川さん、面接を受ける麻倉さん、の母の雨宮さん。
(夜は、面接を受ける雨宮さん(ギャル)、の友達の麻倉さん)

夏川「TrySailコント、アイドル」
スクリーン「idol island」
シンフォニーというユニットのデビューライブ直前、という設定。
夏川「第一印象が大事」→雨宮厨二化→麻倉厨二化伝染(なりきれてない)。
(夜は、そらにゃん→もちにゃん、流れでMC中になんにゃんも)
そしてそのまま、楽曲へ。

02.僕らのシンフォニー/TrySail

今回は、1stであったイントロの「じゃーん」に合わせた夏川さんのポーズはなし(その間にパーカーを脱いでいた)。

雨宮「厨二キャラからいきなりでびっくりしたかもしれませんけどw どうでした?」歓声。
夏川「懐かしいね、厨二キャラ」
雨宮「12月以来ですけど、知ってるよって方?」多数挙手。
※本当は12月ではなく3月公録で出てきたキャラ→こちら
麻倉「一番違和感ないよね。いつも通り」
雨宮「誤解されちゃうでしょ!w」
雨宮「僕らのシンフォニーはライブでしかやったことがないんですけど、聴いたことがある方?」多数挙手。
雨宮「TrySailのファンの方はいろいろなイベントやライブに来てくださる方が多いみたいで。初参加の方も楽しんでくださいね」
麻倉「初参加どのくらいいるかな」
雨宮「初参加の方?」2~3割挙手。
夏川「おおー!夏川椎菜といいます、よろしくお願いします」
麻倉「もちょだよー(o・∇・o)」

雨宮「では早速ですがソロの方に行きたいと思うんですが…最初は誰だ~?」
3人「誰だ~??」
夏川「私だ!」
夏川さんは準備のためアウト。
麻倉「ナンスの後頭部(の髪型)、エビフライみたいだよね!かわいい!」

雨宮「ではそれぞれの歌う曲について話そうと思うんですが」
麻倉「言ってやれ!」
雨宮「お、おう!先日3rdシングルが発売されたんですが…」歓声。
雨宮「そちらのVelvet Raysを歌わせていただきます」
麻倉「めっちゃいい曲だよね!」
雨宮「もちが結構口ずさんでてくれていてw」
麻倉「自分の歌う曲を練習しろよって感じなんですけどw 家でいつもテレビで見てるよ、PV」
雨宮「…!」恥ずかしいけど嬉しい、みたいな表情。
麻倉「ここのフリ(サビ中の、手を顔の前でふぁさーってやるやつをやりながら)好きなの。バラを咲かせるような」
雨宮「そしてもちは何を歌うの?」
麻倉「アニメのカバー曲を歌います。Googleで『みんな好き アニソン』って検索したんですよ!だから、ほぼみんな、きっと99.9%知ってるような有名な曲です」
雨宮「私ね、ここ好き」フリをやりながら。
麻倉「あんまりやると見られちゃうから!w」
雨宮「ではナンスの準備ができたようなので、一緒に呼ぼうと思います。せーの」
会場「ナンスー!」
夏川さんが北ステージに登場。黄色い。
麻倉「ヒヨコスタイル!」
最近パンダからヒヨコに推し変してる(?)夏川さん。
雨宮「やる前にテンション下げさせないでw」
夏川「パ、パンダも好きだし!」

2人アウト。
夏川「改めまして夏川椎菜です。これ、スカートゴワゴワしててちょっと重いですw 最近少女漫画が完結したんですけど、それがアニメ化した時の主題歌を歌おうと思います。振り付けもアニメの主人公の動きを真似しています。それでは聴いてください。学園アリスのOPテーマで、『ピカピカの太陽』」

ここから立て続けにソロ3曲。

03.ピカピカの太陽/夏川椎菜


夏川さんらしい選曲。
アニメでもあった振り付けはもちろん、サビ終わりに手を顔の前にやって「ぱくぱくぱく」みたいな振り付けも。

04.星間飛行/麻倉もも


サビ前の「キラッ」があったかどうかは覚えてない()

05.Velvet Rays/雨宮天

今回も、CDとは異なり最後の長音はアウトロよりも長めなくらいの伸ばし具合。
早くも歌いこなしてる感が出てきてて、曲との相性の良さを感じた。
これからもますます期待。

雨宮さんアウト、南東ステージに麻倉さん夏川さん。
「manzai island」
どうもー、私たち、ふたりセイルでーす。からスタート。
麻倉「私声優辞めたいんだよね。やっぱり金儲けするには印税だよ、印税。作詞家になってスフィアさんに提供しようかな」
麻倉「やっぱり、おさかな天国とかだんご3兄弟とかおよげたいやきくんとか、食べ物の歌詞は売れるんだよ。それで考えた詞があるんだけど、聞いてくれる?」
夏川「いいけど…」
で、披露したのが『お肉地獄』というタイトル。
歌詞は、今の麻倉さん夏川さんの会話劇が歌詞になっている(らしい)。
麻倉「じゃあ私声優辞めるねー!」
雨宮「ちょっと待った!」南西ステージに登場。
雨宮「お肉地獄なんだから、ラララじゃなくてジュジュジュにしたほうがいいよ!!」

06.コバルト/TrySail

07.茜色/TrySail

ここで新曲の「茜色」。
TrySail初のバラード曲。
コバルトからの流れだったからか、基本の並びは麻倉雨宮夏川。
1番のサビは雨宮さん、2番は麻倉さん、大サビは3人で担当しているような感じ。
2番の途中で3人ともステージの階段に腰掛ける。
最後の「笑い合えるように」で、左右の2人と目を合わせて笑い合う雨宮さん。
タイトルのイメージから、会場はオレンジ色が多め(ほんとの茜色は沈んだ赤色だけど)。

夏川「今の曲は、『茜色』という曲でした。緊張しました」
雨宮「TrySail初のバラード曲でした」
夏川「衣装も、Golden Voyage仕様になりました」金(寄りの黄色)地にスパンコールっぽいのスカート。
夏川「なんと、次も新曲です。『ひかるカケラ』という、さわやかな曲です」
雨宮「きらっとした」
麻倉「キラッ☆」会場大歓声。
麻倉「違うよ、振ってきたの天だから!」
夏川「リハでもいつもさーw」

08.ひかるカケラ/TrySail

センターが誰って感じは特に感じなかった。
サビで短めのワイパーあり。
夏川さんの言うとおり、さわやかな曲。

麻倉「いかがでしたか?」歓声。
雨宮「腕(ワイパー)みなさんもやってくれましたね。ありがとうございます」

麻倉「ではここで、毎回恒例にしたいと思っているウェーブを!みなさん水色持ってたら水色にしてくださいねー。みなさんは水ですから!綺麗な声で『さー』って言ってくださいね」
下手→上手→下手で往復移動しながらウェーブ。
雨宮「私、『さー』じゃなくて『わー』って言ってたw」
夏川「真ん中のお客さんは『ひゅー!』って言ってたけどw」
観客「ひゅー!」
夏川「もういじらない、もういじらないから!w」
麻倉「ここまでは1stでもやったので、次はレベルあーげて」YDのフリやりつつ。観客もふふー!のコールをすかさず入れる。
麻倉「あははw では、次は前から後ろにやりたいと思います!2階3階の人は空気を読んでやってください。みんな空気読むの得意でしょー!」
前→後ろ→前でウェーブ、最後にステージに向かってウェーブが来ると、3人は「うわあああああ」と波に飲まれたような演技。
麻倉「もー完璧!2階3階圧巻だった!」

麻倉「では、こちらも恒例になりつつある、ハモリを。アニメの曲を2曲やります。1曲はもう100%知ってる曲です」

09.ブルーウォーター/TrySail


最後の方のハモリで、3人が北ステージで向き合いながら歌うところが印象的。
白の線状(?)の照明が上から降り注いでいる演出もよかった。

10.ウィーアー!/TrySail


ONE PIECEのOPということで、ソロパートでは残りの2人がなにかを探すような動き。
航海がテーマのライブ的に、相応しい選曲。

麻倉「知ってましたか?」歓声。
夏川「時間というのは残酷なもので、これからラストスパートに入ります!次は新曲をやるんですけど、タイトルは『Baby My Step』といいます。コールを入れてほしいところがたくさんあるんですが…」
麻倉「試練の曲です!」
夏川「その一部を覚えていってください。それで、誰かに見本を見せてほしいんだけど…」
雨宮「私がBabyの長です!」挙手のキレの良さ。
夏川「また懐かしいネタをw」
麻倉「あらゆるものの長だからね」
夏川「では天を見てください」
麻倉「難しいので集中してくださいね」
雨宮「いっぱい見てもいいのよっ!」
サビ前に、3人「せーの!」→「ホップ・ステップ・ジャンプ!」というコール。
これはすぐにマスター。
次は、サビ中に「Baby Baby Baby My Step」という歌詞があり、その1・2番目のBabyの後に「Baby」と間髪入れずに挟むというコール。
夏川「これ難しい」
麻倉「長ですら間違えるからね」
夏川「サビに2回出てくるのでお願いします。次もあるんですけど」
麻倉「難易度MAXだね」
上記の「My Step」に重ねて「さあ急いで」を入れ、サビ2回目の「My Heart」に重ねて「さあ願って」を入れる。
3回目の練習で揃ってきた感じ。
麻倉「サビが来るまでに忘れないで下さいね!」
雨宮「怒涛の勢いで、これよりももっと早いテンポで来るので」

11.Baby My Step/TrySail

ダンスがかなり激しかった。
振りコピ派の人は、やりながらコールするのに慣れが必要かもしれない。
ホントだよとはまた違った感じの元気な曲といった印象。

TrySailコント、epilogue」という夏川さんの録音音声に続き、コントの録音音声が流れる。
3人はその間に飲水と食事。からあげクン食べてる。
下手で飲水する夏川さんに、上手からからあげクンを持っていって「あーん」させる麻倉さん。
雨宮「また食べてる」
麻倉「大人に『いつからあげクン食べたらいいですか?』って聞いたら、このタイミングだって」
雨宮「何味だろ」
麻倉「普通のだ。冷えたら美味いレギュラー」
雨宮「芋みたいな味するよね」
麻倉「?私はからあげクンみたいな味がするよ?」

ここで一旦雨宮さんから挨拶。
雨宮「2ndライブで新曲を3つも披露して、ハモリをやったりカバーをやったりして、短い時間ではありましたが、タイトル通り旅をしたような気持ちです。最高の景色を見させてもらったけど、やっぱりリハと本番は違うなって思いました。これから、TrySail号に乗ったみなさんといろんなところに旅をできるんじゃないかなって思いました。これからも、TrySail号でGolden Voyageしましょう!」

雨宮「元気がまだある方はお立ちいただいて」
という声掛けから、2曲披露。

12.ホントだよ/TrySail

ホント?ウソだ!の後の麻倉さんの台詞は、「みんなさいこー!」。
夜はいつもの「よくできました!」

13.Youthful Dreamer/TrySail

3人アウト。

アンコール。
ネイビーのライブTで北ステージに登場。
夏川「アンコールありがとう!楽しいライブになりました!」歓声。
夏川「ありがとうございます!天からも一言!」
雨宮「アンコール?…ふっ、面白い言葉ね」
麻倉「アンコール?…それって、あんこを売るってことでしょ」
夏川「やっぱりできてない!今日は私たちシンフォニーのデビューライブなのに!」
夏川「TrySailコント、アンコール」
スクリーンには「encore island」
夏川「2人がこんなことになってしまったので、MCはもう終わりにします。でもそのかわり、新曲を披露します!」

14.お肉地獄/シンフォニー

コント通りの歌詞。スクリーンにも表示あり。
夏川さんは笑いをこらえきれず、吹き出してしまうところも。

夏川「新曲って言った時のあの盛り上がり、罪悪感がw」

ここで告知。
1.2015年12月19日(土)に、東京のメルパルクホールで「「LAWSON presents TrySailのTRYangle harmony FES」の開催が決定!
つまりトラハモの公録イベント。
チケット情報等の詳細→こちら
2.2015年12月29日(火)に、「LAWSON premium event TrySailのMusic Rainbow 03」の開催が決定!
スフィアでやってきたMRが、03ではTrySailも参加することに。
それぞれのソロ公演でやるのか、3人まとめてやるのか、スフィアもMRやるのか、とか、そのへんは未発表。
スフィアライブ後の10月18日22時に詳細が発表されるそう。→こちら

夏川「もう持ち曲全部歌っちゃったんだよなー。せっかく出てきたので1曲くらい歌いたいと思うんですが、聞きたくないですか?」歓声。
ここで、上手から3色に塗り分けられたルーレットが登場。
今日歌ったTrySailの曲が書かれた紙を3人がクジで引き、それぞれの色のエリアに貼り付けて、ルーレットを回して、アンコール曲を決める。
麻倉「歌ってほしいのあったら念じてください!」
観客「お肉!」
雨宮「あれはシンフォニー!w」
部品破壊のアクシデントもありつつ、「夏川 ホントだよ」「麻倉 Youthful Dreamer」「雨宮 ひかるカケラ」を引く。
ルーレットを回すと、ピンクと青の境界線にぴったりと合う奇跡。
2曲ともやって!という声が上がるも、ステージ袖のスタッフさんからNGとの合図。
もう1度回す時、1回目は局所的に発生していた「パジェロ!」コールが会場全体に伝播。
麻倉「パジェロ?」
雨宮「車だよね、こういうルーレットの有名な番組の景品」
結果、『ひかるカケラ』に決定。

挨拶。
夏川「Sail Outから始まったGolden Voyage、訳すと黄金の旅、なんかシンドバッドみたいですけどw より思い入れというか、「こうやって旅をしていくんだ」っていうのを1曲1曲に込めて歌いました。みんなを見てると、より曲にのめり込んでいけたような気がします」
麻倉「黄色がバナナみたいで綺麗」
夏川「私にはヒヨコに」
雨宮「もち、挨拶しよw」
麻倉「4曲しかなくてどうしようかと思ったんですけど、上の方までいっぱい温かい目や声、いろいろなものが伝わってきて幸せでした。発表もあって…来たらいいと思いますよ!楽しいことしましょー!」
雨宮「私はわりとさっき言わせてもらったので逆に聞きたんですけど、みなさん、Golden Voyageな時間を過ごせましたか?」歓声。
雨宮「私たちにとってもなりました!ありがとうございました!」

15.ひかるカケラ/TrySail


2番の途中で、麻倉さんが背後から雨宮さんに抱きついてたり、アンコールらしく自由な感じ。

その後、上手→下手→中央→北ステージでマイク無しの「ありがとうございました!」で終了。

やっぱりライブだとメモ追いつかないところたくさんあったけど、ほんとに楽しかった。
以上です。


超個人用夜メモ。
コントマイナーチェンジあり。
夏川さん歌詞歌い忘れちょいちょいあり。
ひかるカケラ振りつけ視線。
アンコール前コメ、雨宮「今は付いてきてなんてとても言えないけど、みなさんの波に乗って旅をして、いつか付いてきてって言えるようになりたいです!」