せーはくの備忘録

  ブログ(blog)は、World Wide Web上のウェブページに、覚え書きや論評などを記すウェブサイトである。

20150125アニメ紅白vol.4

1月25日に代々木第一体育館で行われた、アニメ紅白vol.4のレポ
天さんメインです。

一旦全部書いてあとは投稿するだけだ―ってのんきにトイレ行って帰ったらパソコン落ちてて全部消えました。
頑張って書きます。
司会はスフィアと吉田アナ。
「最初のアーティストは紅組のこの方です!」のフリで5人退場。
よっぴーの謎映像のあと、「雨宮天」の文字が。

天さん登場。
衣装は、青のワンピースにヒール部分が黒の白い靴。
ワンピースのスカート部分は2枚構造になっていて、丈は膝が見えるくらい。

1曲目は「Skyreach」。
スタンドマイクがいつものやつだったかは不明。
アカメがあったのでちゃんと歌えるかちょっとだけ心配してたけど、堂々としてました。
コールが定まってなかったりチーチーしてなかったり、フェス系ならではな感じ。
ユラユラダンスはスカートを1枚だけ持ってやってました。
最初は赤がちらちら混ざってたけど、最終的には会場がほとんど青一色に。
続けて2曲目は「月灯り」。
リリイベ以来のCDに近い歌い方。
音響の悪さもあり、音程がどうとかはよく分からなかったのが悔しい。
スクリーンはモノクロ調で天さんを映していて、アカメEDっぽい演出に。
ここでMC。
「2014年はいろいろなことがありました。2013年とは比べ物にならないくらいお仕事をさせていただいて、初めてのことばかりで戸惑うことばかりでした。初めてヒロインを務めさせていただいたのは『一週間フレンズ。』で。(会場から「見てたよ!」の声と手が多数)ありがとうございます。そこではスキマスイッチさんの『奏』を藤宮香織としてカバーさせていただいて、EDテーマで歌ってました」
「それでは聞いてください。『奏』。」
3曲目は「奏」。
スクリーンはアニメの映像。
前奏が始まり、ゆっくりとセンターステージの方へ歩く天さん。
その時の柔らかい微笑みとか、纏う雰囲気とか、やっぱり藤宮さんでした。
サイエンスのアニメ単独イベントの時にも思ったことだけど。
歌い終わると、メインステージによっぴーとスフィアが登場し、天さんを呼ぶ。
戸松寿高垣豊崎雨宮吉田の順に並ぶ。
吉田「スフィアと雨宮さんが同じステージに立つのは今日が初めてです!」
高垣「オーディションの時から、歌の上手い子っていう印象」
寿「立ち姿が綺麗だったね」
天「(見せ方を)考えていきました」いつものみぞおち守るポーズ。令嬢モード。
愛生「緊張した?」
天「緊張したけど楽しかったです!台本に『吐かない倒れない戻らない』って書いてました。青嬉しかったです」
愛生「感無量です」
天さん退場。
高垣「(脚綺麗で)新人類」
愛生「ニュータイプだね」
セトリ自体は予想通りでした。
いつか大きな会場で夢空を聞いてみたいです。

次は石井マークくん。
何故か1番だけ。
盛り上がったのにもったいない。

次は田所あずささん。
何故か1曲だけ。
インターリュードでナンスの高音を「刺すようでありながら染み込んでくる」と評したけど、ころあずさんはそこに厚みが加わったような感じでした(ボキャ貧)。
もっと聞きたかったです。

次はセンターステージで「変態音響監督」のコーナー。
助監督として今回は愛生ちゃんではなく美菜子。
台詞を読むのは石井マーク竹達彩奈斉藤壮馬、そして雨宮天
天さんは衣装チェンジして、青のセーター?に白のサロペット、ヒールが白の黒い靴、真珠的なアクセが付いたネックレス。
サロペットは細い黒縦縞が入っていて、胸からではなく下腹から覆うタイプのもの。
 寿   吉
マ カメラ 竹
天  マン  壮
の配置で着席。

竹達「にゃんにゃん。これは猫語で好きって意味だよ」
寿「あずにゃんだし、これはあやちにやってほしかった」
天さん右手を口元に当てて細かく振動するいつものリアクション。
カメラが抜いて会場が爆笑。
吉田「ギターリフが始まったかと思った」

壮馬くんに説明中、楽しそうな天さん。
マーク「またギターリフ見られるかな」
寿「奏でてほしいですね、奏だけに」
壮馬「長い言葉は言わない。大好きだ」
天さんちょっとだけギターリフ。

次の担当は天さん。
寿「これは河川敷ですね。風が吹いてる夕方で。横顔で、あえて目線合わさずに。照れもありつつ、でも伝えたい思いもある」
よっぴーが台本を渡し、天さんはそれを確認して「うわぁっ」の声。
吉田「これは少女マンガが好きな子ですね」(o・∇・o)
吉田「ちょっと痛いセリフですけど、本人的には完璧でピュアな思考の子。石井マークくんは雨宮さんをガン見して、雨宮さんはカメラ目線で」
天「あなたの恋のセンター試験で、100点取りたいな」
セリフ後机に突っ伏す天さん。

再度セリフを言わされるあやち。
竹達「今日は私をお姫様にして」
マーク「2人だけの舞踏会に行こう」

最後は美菜子も巻き込まれる。
壮馬「お前の唇が悪いんだぞ」
寿「あ、赤くなってなんかないんだから…」
天さんハートを撃ち抜かれたようなリアクション。
天「たまんないっすねー」

他のキャストに説明してる間のニコニコと、自分の番になった時のアワアワ感が楽しかった。
リアクションはカメラと観客を意識してるなって感じももありつつ。それでいいんだけど。
このコーナーで「全ての声優は寿美菜子に通ず」の名言が誕生。
竹達「ここに半分以上(HTT)居ますしね」の発言もあり。

次はライブパート。
SuGが4曲。

続いてGFコラボステージ。
サプライズゲストで原田ひとみさん(と高垣彩陽さん)が登場し、キャラソンをそれぞれ初披露。
1月25日までのRT数で公開の尺が決まる企画をやってるらしい。
3000で30秒、5000で1分、7777でフル音源。
吉田「今は3291(うろ覚え)です!ここに1万人以上いるので、なんとかなるでしょう!」
結果は3960RTでした()

次は竹達彩奈
2曲目は事前にカバーして欲しい曲を投票してもらい、1位のものを歌う。
7位にじゃじゃ馬、4位に天ふれ、3位にふわふわがありました。
歌ったのは坂本真綾さんの「プラチナ」でした。
あいらぶびーふ楽しかった。

次はセンターステージで「140文字のハートストーリー」。
壮馬、ころあず、マーク、はるちゃんの順に読み、最後は4人でひとつのものを読む。
はるちゃんすごかったです。

次はMUCCが5曲。
空っぽの胃に響き渡るベースの重低音。

MUCC終わりから司会は愛生ちゃん。
愛生「次は女子だけのコーナーです」
椅子が4つ用意される。
愛生「座ろっと。みんなも座ればいいじゃん~」いつもの感じに懐かしさとホーム感。
「おやすみ3プンプン」のコーナー。
天さん、あやち、ころあずの3人が愛生ちゃんに呼ばれる。
田所竹達雨宮豊崎の順に着席。
愛生「私の隣空いてるよ、そらちゃんここ、ここ」
愛生「あずにゃんがふたりいるね」ころあずにゃんとあやにゃん。
愛生「ひそひそ声ですよ。みなさんも大丈夫ですか?」
観客「は~い(ひそひそ声)」4人はだいぶ気に入ったようで、この流れをもう一度やった。
愛生「ではそらにゃんから聞いていきます。なってみたい動物は?」
天「お金持ちの家の猫です」
愛生「うちの後輩は素直です」
愛生「行きたい海外はどこですか?」
ころ「あー、えーっと」
愛生「ひそひそ声ですよ~」
ころ「あ、グアムです。行きやすいですかね?」
愛生「わりと行きやすいです。今日のギャランティーで行ってください」
ころ「そんなにもらえるんですかっ」
愛生「最近挑戦したことは?」
竹達「白目をむくことです」
愛生「それはスクリーンに映していいやつですか」
竹達「事務所NGです。5年後までにはやれるように頑張ります」
愛生「みなさん覚えてててくださいね」
最後は3人で答える。
愛生「最近した失敗は?」
天「さっきから裏でコケまくっています」
愛生「大丈夫ですか?」
天「大丈夫です」
愛生「これはリアルな方で、大丈夫ですか?って意味です」
天「はい、大丈夫です。ありがとうございます」
愛生「健康が一番です」
ころ「スリッパでステージに行こうとしてしまいました」
竹達「あいらぶびーふで入りをミスりました」会場爆笑。
愛生「なんだか眠くなってきたな~。むにゃむにゃ」突然の眠気。
隣の人の肩に頭をあずける4人。
愛生ちゃんは天さんの左肩に、天さんはあやちの左肩に。
このコーナーは愛生ちゃんが進行だったぶん、(台本だったかもしれないけど)うまく回ってたように感じた。

センターステージにはマーク、壮馬くん、よっぴーの3人。
特別審査員の4人の紹介VTRを流す。

そしてライブパート。
次はスフィアが登場。
セトリはNsr、カヒタ、GA、FS、preserved roses(カバー)、情コン。
情コン以外は前日のリスアニと変えていて、2days組にもありがたい構成。
カヒタ途中~FSはセンターステージだったかな。

トリはももクロ
4曲+キングクリームソーダとのコラボで妖怪ウォッチを2曲。
3曲目はmotsuさんとのスペシャルコラボ。
本物のうりゃおい!とMIXは圧巻。
3時間以上経っててどこにそんなバイタリティ残ってるんだと思ったけど、今までずっと地蔵してたならそりゃあ残ってるわなと思った(失礼)。
「知らない人のために」と言いつつ「みんなも一緒に言って下さい」という鬼畜自己紹介は定番ですね。
無知でも楽しめたのはさすがももクロでした。
妖怪ウォッチになった途端、それまで特に騒いでなかった左前方のオタクが完璧に振りコピしてたのは謎。
6曲目の最後に全員登壇し、みんなで踊る。
下手が紅組、上手が白組。
白組はUGSTシャツで、紅組はもうひとつの方の公式T。
天さんはネイビーのやつにさっきのサロペットでした。
天さんは紅と白の境目のところ(センター)。
ダンスが苦手だという自己評価ですが、天さんもちゃんと踊れてました。

エンディング。
天「初めてで緊張しましたが楽しかったです。青きれいでした!ありがとうございました」


レポは以上です。
変態音響監督のところが薄くてすみません。
いろんな衣装が見られたこと、濃厚なけいおん絡みが多数見られたのはよかった。
大きな会場でソロ名義の曲を歌うのは初だったので、これも糧にさらに頑張って欲しいです。

個人的な反省点。
ライブハウスとかアニサマとかで、知らない曲でも高まれるタイプだと自負していたのに、今日は一旦低まっちゃってそっからなかなか上げられなかった。
連番者、終わった後話した方で気分を害された方がいらっしゃったら大変申し訳無いです。

スフィア(というか愛生ちゃん)と天さんの絡みは特に見たいと思ってなかったけど、実際くると幸せだし感慨深いしで単純だなぁと。

最後になりますが、素敵なフラスタを企画してくださった方、そしてそこに素敵なイラストを添えてくださった方に感謝です。
また、今回のレポを書くにあたって、@ さんのツイートに助けられました。ありがとうございます。


以上です。テスト頑張ります。