せーはくの備忘録

  ブログ(blog)は、World Wide Web上のウェブページに、覚え書きや論評などを記すウェブサイトである。

20150919ここさけ舞台挨拶台場2

2015年9月19日にお台場シネマメディアージュで開催されたイベント、「心が叫びたがってるんだ。」の舞台挨拶。

司会は、アニプレックスの宣伝担当相川さん。
登壇者は、キャラデザの田中将賀さん、成瀬順役水瀬いのりさん、坂上拓実役内山昂輝さん、仁藤菜月役雨宮天さん。

上映前挨拶なので、ネタバレ無しです。

参加回のみまとめ
ここさけ舞台挨拶その1(前夜祭)→こちら
ここさけ舞台挨拶その2→こちら
ここさけ舞台挨拶その3→当記事
ここさけ舞台挨拶その4→こちら
ここさけ舞台挨拶その5→こちら
前夜祭から数えること7回目、この日最後の舞台挨拶。
下手から、司会田中水瀬内山雨宮の順。
雨宮「仁藤菜月役の雨宮天です。劇場に足を運んでくださりありがとうございます。これから見ていただけると思うと楽しみです」

司会「もう夕方になって、だんだんと反響が耳に届いていると思いますがどうですか?」
田中「良い情報が多くて、幸せです」
水瀬「親戚に『出るよ』と連絡したら、内山さんと載ってる埼玉の新聞をわざわざ東京から買いに行ってくれたり、友達も(舞台挨拶で)吉田羊さんの隣にいる私を見て『芸能人の隣にいるなんてすごいね!』って言ってくれたり。いろいろな体験ができています」
内山「先ほども上映後に拍手をいただいたりして嬉しいです。サントラを宣伝してくれたおかげで売れたとプロデューサーさんから言ってもらえたり。これから見てもらいますけど、見たら欲しくなると思います」
雨宮「反響というか、周りでも『ここさけは絶対見に行く!』という人がいるので、ぜひその人達に早く見てほしいです」
司会「キャラの自己紹介をお願いします」
雨宮「菜月は優等生タイプで、でもだんだんと物語が進むにつれて年相応な部分、熱い部分が見えてきます。その変化を見てもらえたら」
内山「拓実の父の音楽好きがストーリーに絡んでくるので、注目してもらって」
水瀬「喋ることが封印されてるけど、心では叫んでいる子です」
司会「細谷さんの代わりに、大樹の紹介を田中さんから」
内山「田中さんは大樹が好きなんですよね」
田中「坊主だから描きやすいんです」
内山「手間の問題ですかw」
田中「悪ぶってるというか、人間味のあるキャラです」
司会「大樹の坊主はシャンプーしなくてよさそうですよね。水も滴るいい男って感じのシーンがあるので、そこの滴り具合に注目してください」
4人「……」
内山「全部知ってる我々がこういう反応なんで、気にしなくて大丈夫です」

司会「来場者特典も豪華ですね」
雨宮「本編を見たら絶対また読みたくなると思います。本編→特典→本編と見ていただけるといいかなと」
内山「ミュージカルのタイトルはどうやって決まったんですか?」
田中「岡田が最初につけてた仮タイトルです。内容が見えてくるにつれ、監督が『これはない』と。でも僕は『これが好きだ』って言いました。特に意味は無いみたいです」
水瀬「『青春の向こう脛』ですし、(向こう脛は痛い部分だから)青春の痛みってことですかね」
田中「それで!」
司会「向こう脛は身体に実際にある部分なんですね」
4人「……」
水瀬「相川さん大丈夫ですか?台本にあることだけ進行していきましょう!」

司会「シネマメディアージュのロビーや、上のフロアで展示・おみくじ等の企画が行われていますが、どうですか?」
水瀬さんは家族と一緒に行ったそう。
内山「裏口から入ってきたからなんとも…」
雨宮「そうですね…」
司会「今はおみくじでは順と拓実の声が流れていますが、雨宮さんも録り下ろしですよね?」
雨宮「はい」

最後の挨拶。
雨宮「ここさけは色んなキャラがそれぞれ違った悩み、叫びたいことを持っています。未熟さ、不器用で伝えられないことがあって。それぞれ成長していって、心から叫ぶタイミングがあります。そこに注目してください」
内山「高校生特有の甘酸っぱさや葛藤が描かれています」
水瀬「みなさんも共感できるキャラと会えると思います。日々頑張る中で、後ろ向きな気持ちもあると思います。それを大声で叫ぶことだけが、”叫ぶ”ではないと思います。心のなかで、沸々と頑張ろうと思える作品です」
田中「特に4人のキャラは一生懸命叫びたがっています。なにかが心のなかに残れば、作ってよかったと思えます。それぞれのテンポで進んでいく物語に、何度か見てもらえるとより浸れるのではないかなと思います」


以上です。
これが本日最後の舞台挨拶ということもあり、安堵からか(主に司会が)グダグダな感じだったけど、アットホームな感じで楽しかったです。