せーはくの備忘録

  ブログ (blog) は、World Wide Web上のウェブページに、覚え書きや論評などを記すウェブサイトである。

20150920ここさけ舞台挨拶さいたま1

2015年9月20日にMOVIXさいたまで開催されたイベント、「心が叫びたがってるんだ。」の舞台挨拶。

司会は、アニプレックスの宣伝総括山本さん。
登壇者は、脚本の岡田麿里さん、成瀬順役水瀬いのりさん、仁藤菜月役雨宮天さん。

上映後挨拶なので、見てない人は読まないほうがいいかも。

参加回のみまとめ
ここさけ舞台挨拶その1(前夜祭)→こちら
ここさけ舞台挨拶その2→こちら
ここさけ舞台挨拶その3→こちら
ここさけ舞台挨拶その4→当記事
ここさけ舞台挨拶その5→こちら
公開2日目のこの日は、新潟新潟熊谷さいたまさいたまというスケジュール。
内山さんは広島や岡山で挨拶のため、別行動でした。

下手側客席通路から登場。
下手から、司会岡田水瀬雨宮の順。

雨宮「仁藤菜月役雨宮天です。今日は劇場に足を運んでくださり、そしてここさけを見てくださりありがとうございます。短い時間ではありますがここさけについて話せたらと思います」

司会「今の気持ちは?」
水瀬「昨日も舞台挨拶をさせてもらって、上映後の時は拍手、上映前の時はワクワクした表情のみなさんを見て、作り上げた作品が公開したんだっていう実感がわいてきました。今日もたくさんの方に来て頂いて、すばらしい作品に関われたと胸を張って言えます」
雨宮「この作品で菜月を表現できるか、菜月らしさを残したミュージカルが演じられるか不安でした。やはり、自分の名義で歌う歌とは違うので。でも、拍手や優しい表情、ワクワクした目を見て、不安や緊張が無くなっていきました。菜月を演じられて幸せです」
司会「ミュージカルがうまくいきすぎて、『もっと下手に』という指示を受けたとの裏話も聞きましたが?」
水瀬「普段行くカラオケとかとは違うので。自分の癖を意識してなかったんですけど、ミトさんから『コブシ入ってるよ』って言われて、恥ずかしかったです。譜面通り歌うことを意識していこうと思いました。新しい歌い方でした」
司会「なにか雨宮さんも指示を受けましたか?」
雨宮「そうですね……なんて言われたんだろう。『ここの音符気を付けて』とかですかね?キャラが演じながら歌っているので、菜月の性格なら、基本的なこと(姿勢を良くする!等を挙げてた記憶)を考えながら、ちょっと上ずりながら頑張るんだろうなと想像しながら、収録していました」

司会「キャラの魅力は?」
水瀬「順は、歌なら平気と気付いた時の力強さですね。順は後ろ向きなキャラだと思ってるかもしれないですけど、ケンカを歌で止めるなんてなかなかできないことだと思います。そのあと恥ずかしがるのもかわいくて。こうしたいと思うのが顔にでるところや、見た目のクールさと動きの素直さのギャップですね」
雨宮「菜月は優等生で、しっかりもので、拓実に苛々したり大樹に対して強気だったり。実は大樹とのシーン(駅のホームのシーン?)は、優等生だからと思って演じていたら、『もっと強く言っていいです』とディレクションを受けました。言いたいことを胸に秘めてたんですけど、最後は拓実に自分の気持ちを伝えたり、大樹に『おう!』って言えたり、だんだん菜月らしさが出てきて、ただの優等生じゃないところが好きです」
岡田「私も雨宮さんに怒られたいです」
雨宮「私、結構強いですよ」

司会「拓実の魅力は?」
水瀬雨宮「……」
司会「大樹のほうがよかったですかね!」
水瀬「拓実はエアな少年というか、合わせるのが上手で、視野が広いです。それが優しさにつながっていて。順の好意に対しても濁さず返事をしていて、それも彼の優しさかなと」
司会「雨宮さんは?」
雨宮「(水瀬さんに向かって、拓実をとって)すみませんねー。拓実は思わせぶりでも優しくて、良い人って思われたくてやってる優しさじゃなく、自然で平等な優しさが魅力だと思います」
岡田「拓実は優しいというより傷つけるのが嫌というつもりでできたキャラです。そういう意味では、順と似てるかなと。かずさん(司会の山本和子さん)とさっき移動中話してて、最終的に『ピアノを弾く手がエロい』と」

司会「演奏できるのはズルいんですよねw 思い入れのあるキャラは?」
岡田「順です。順が喋れない子っていう設定ができて、他のキャラもできました。拓実にキレてるシーンは、よくわかんない気持ちで書いていました」
司会「腋が臭いとか言ってましたね」
水瀬「誤植かな?と思って、テストで読んだら訂正されなかったんで『これでいいんだ』ってなりました」
岡田「私は嫌いじゃないですよ、腋が臭いのも」
一同「そこ!?」
雨宮「貴重な話が聞けましたね!(震え声)」
司会「最後の大樹と順はどうなったんですか?」
岡田「いつか同人誌で出せたらいいなと思いますw」

最後の挨拶。
雨宮「いろいろな濃い話が聞けましたw 順の叫び、菜月の『おう!』とか、何度も見て新しいここさけを感じてください」
岡田「今話したことがいちばんゲスいことで、作ってる時はもっと清い気持ちでスタッフ一同作っています」
水瀬「女子だけということで暴走気味の舞台挨拶でしたw ひとりひとり個性を持ったキャラばかりで、自分や友達にもこういうキャラいたなぁと思えると思います。何気なく会話している言葉が大事に感じる作品になったかなと思います。どんな人にも言葉を届けられる人になれたら。私は来週からも各地を回るので、もっとここさけを愛してくれたらと思います」


以上です。