せーはくの備忘録

  ブログ (blog) は、World Wide Web上のウェブページに、覚え書きや論評などを記すウェブサイトである。

Odysseyのかんそーでっせい

2019年2月23日・24日と、幕張メッセイベントホールで「TrySail Live Tour 2019 "The TrySail Odyssey"」の初回公演が開催されました。

それの感想です。いっぱいいろんなことを感じたので書きたいことがたくさんあるのじゃ!

 

ネタバレをばりばり含むので、これから参加するよーって人は要注意です。

 

 

セトリ。

スラッシュで区切られてるやつは1日目/2日目。17から20はメドレー。

01.WANTED GIRL
02.CODING
03.未来キュレーション
MC1
04.365×LOVE/ファーストプロット
05.フワリ、コロリ、カラン、コロン/Defiance
06.Song for/365×LOVE
MC2
07.またね、
08.散歩道
09.Make Me Happy?
10.オリジナル。/センパイ。
11.バン!バン!バンザイ!!/disco
MC3
12.コバルト(ハモリ)
13.Take a step forward
14.Truth.
15.Believe
MC4
16.Sunset カンフー
MC5
17.ひかるカケラ/Sail Out
18.僕らのシンフォニー/primary
19.Baby My Step/Youthful Dreamer
20.High Free Spiritsadrenaline!!!
MC6
21.azure
Encore
22.ひかるカケラ/adrenaline!!!
23.TryAgain

 

 

TrySailのライブに参加して、初めて「このライブではファンが増えない」と思ったライブでした。

今回のツアーは「魅せる」「聴かせる」といったのがテーマにあるそうで、どんな感じなんだろな~と思ってヘラヘラ参加したらビビったもんね。まじかよって思ったもんね。

 

これまでのTrySailライブは、勢いとか、エネルギッシュさとか、「おりゃー!私たちに付いてこれるかー!」感に満ちていて、観客側はそれに必死に付いていって、心地よい疲労感で帰っていけたんですが、今回はそうではなく、ちゃんと3人のパフォーマンスを見ましょうみたいな感じだった。

万人受けするのは絶対に前者のほうで、後者はガチ勢にとっちゃ満足度は高いけど新規客からしたら拍子抜け…というか楽しみ方が分かりづらい。

例えるならば、「今日は体育の時間だよ!みんなでサッカーしよう!汗かこうぜ!走ろうぜ!」っていうのが前者で、「今日は体育の時間です。バトントワリングの先生の見本を見て吸収しましょう」みたいなのが後者。伝われ。

 

人間ってのは不思議なもんで、汗をかいたり雨に濡れたりすると謎にテンション上がるんですよね。経験ある人いるでしょ。運動前はダルいのに汗かくと不思議とワクワクしたりとか、野外ライブで雨降ると鬼高まるとか。

でも、バトントワリング見てても汗かけないですよね。今回のTrySailライブはそういう感じでした。ゴメンめっちゃ例え下手だったわ。

 

今のTrySailはファンを増やす段階にあると思っていたので、今回も当然のように前者のスタイルでライブをやってくれるのかと思っていたんですわ。だからビックリした。TrySailってこれ以上ファンを増やすつもりがないのかな…?とか思った。

これまでで最高のライブは2017年夏の「Harbor × Arena」だと思っていて、今後それを超えることはないとすら思っているんですが、その時は「このまま行けばSSAまでは確実だな」と思っていたんです。2018年のツアーもめちゃ良かったし、こりゃすごいユニットになるぞ、2019年はヤバい年になっちゃうぞと期待していました。

 

そしたらこれが来た。

ウェーブもない。朗読もない。定番曲はメドレー披露。新規ファン獲得を諦めたかのような突然の方向転換。ビビるわこんなん。

 

それ自体を否定する気は全く無くて、いつかはそういうタイミングが来るんだろうけど、TrySailはまだそこではないと外部から勝手に思ってしまっていたんです。

ちょっとメタ的な考察をすると、アルバムの軸になる曲が「WANTED GIRL」「Truth.」「azure」で、そこまで突き抜けた曲でもないし割と大人チックな雰囲気があるから、アルバム自体のコンセプトを大人チックにする必要があって、その結果のこのツアーコンセプトなのかもしれない。

どちらかと言うと2日目のほうがこれまでのTrySailっぽさがあったかな。10~11の日替わり枠も、17~20のメドレー枠も、どちらも2日目のほうがポップさのある選曲だったし。あとやっぱり「adrenaline!!!」は強い。

 

繰り返すけどそのコンセプト(新規獲得ライブというよりも完成度見せつける系ライブ)は本当に否定してなくて、「あ、その選択をしたんだな」っていうだけです。驚きはしたけど失望はしてない。だって楽しかったし。

 

無理やり難癖つけるとすれば、そのコンセプトを打ち出すなら歌唱忘れとか振り付けミスとかはやっちゃいけないと思うし、PA面でのミスもこれまで以上に目立ったし、改善する余地はたっぷりあると思います。これまでの雰囲気だったら「ライブ感」で通せる部分ではあるんだけど、魅せるなら完璧なものを魅せないといかん。

アルバム発売前ということもあって(もしかしたら麻倉さんの件もあって?)、3人とも硬かった印象があるので、ここから5ヶ月間でどれだけ仕上げてくれるのかが本当に楽しみです。ツアーって素晴らしいね!

 

そうそう。麻倉さんでいうと、前のツアーで雨宮さんがああなって、それでも十分に感動的なライブになったという実績があるのに、今回こういう選択をしてくれたことが嬉しかったです。ブログで触れないのもめっちゃカッコいい。哲学がブレないというか、ほんとに素晴らしい方だと思います。ありがてぇですよほんと。

 

 

なんか全然褒めてないみたいなブログになっちゃった。

お前誰やねん目線で語るひねくれたオタクは僕がいちばん嫌いなタイプのオタクなのでアレなんですけど、この決断をしたTrySailがツアーでどんだけ進化してくれるのかが楽しみだし、まさにトライだらけの5ヶ月間になるのではと思っています。

どうせツアーが終わった頃には「好きでよかった~!!!」ってなるはずだし、そこに心配も不安もない。あるのは信頼と期待だけなので、目を離さずに付いていくのみです。

 

 

長旅は始まったばかりでっせい!!!