せーはくの備忘録

  ブログ(blog)は、World Wide Web上のウェブページに、覚え書きや論評などを記すウェブサイトである。

麻倉もも『明日は君と。』リリイベ@ゲーマーズ

12月11日にAKIHABARAゲーマーズ本店で行われた、麻倉もも1stシングル『明日は君と。』のリリースイベント。

登壇者は麻倉ももさん。
内容はトーク&プレゼント抽選会。



開演15:06
終演15:48




簡単な挨拶の後、トーク開始。
後ろのほうにも見えるようにするためか、用意された椅子には座らずにずっと立ってトークしてくださりました。


「今日は寒いですね、今朝見たら7度って。今年新しいマフラーを買ったんです。昨年買ったスヌードが何故かカピカピになっていたので。食事中にも前掛けみたいに巻いていたから、知らないうちに零しちゃってたのかなぁ。それで新しいのを買ったんですけど、後日服屋さんで買い物したら『○○円以上の方にプレゼント』みたいなノベルティとして、またマフラーを貰ってしまって(笑)。これで心置きなく前掛けにできます」

「ここにいるってことは、CDを買って聴いてくれてるってことですよね。こういう機会がないと、なかなか実感できないし、しかもリリイベは皆さんの顔が晒されていて(笑)。『ライブと違って明るいから髪の毛セットしてくれてるのかな』とか想像してます」

「CDどうでしたか?(歓声)良かったとしか言えないですよね(笑)。元々ハニーワークスさんの世界観が好きだったので嬉しかったですし、自分でも納得のいく曲、早く聴いてもらいたいと思える曲になって良かったです……ここまでは、『絶対言うぞ!』と昨日のうちに決めてたところです。さっきの会場(昼のソフマップ会場)では言い忘れたので、最初に言っておこうかと(笑)」


ここからアンケートコーナー。

①CDで良かったところを細かく
②好きな果物とそのアピールポイント
③あなたの明日の予定
麻倉ももにチャレンジしてほしいこと
⑤連載「もちょZoo鑑」で紹介してほしい動物とそのアピールポイント

アンケートの回答内容は要約してあります。
大意はズレてない(はず)。

・①「2曲で1つになってるところ」
「そうなんです、『明日は君と。』は表の面で、カップリングは心の内を歌っているというか。どちらも恋をしているという共通点もあって…(採用者のほうを向いて)良いこと言いますね!」
「この方、②でイチゴと答えているんですが、いちばん好きな果物にイチゴを挙げる人って本当にいるんですね!(11月のリリイベからのネタ)」

・①「可愛らしくも大人。吐息」
「(わざとらしく)はぁ〜。他の質問項目は答えにくいところがあるのか、ときどき空欄があったりするんですけど、本当にこの項目は皆さん空欄が無くて、皆さんの愛を感じます。『吐息は感情が前面に出る』とハニワさんから技術指導していただいたんです。ストーリーがわかるように、お芝居みたいに演じるように、成りきったような。大変でしたけど、頑張って良かったです」

・②「いちじく」
「母が好きで、私も好きなんですよ。手で簡単に分けられますし」

・①「表現力。母音の感じ」
「(採用者のほうを向いて)プロっぽい!ハニワさん曰く声優あるあるらしいんですけど、ハッキリ歌ってしまうらしいんです。なので、もっと口開いてない感じで、と言われました」
「あと、最後の息遣いなんですけど、もともと無くて、レコーディング時に足したんです。走って追いかけて、何か一言を言う前の息遣いなんですよ。よくよく聴くと、息を吸って終わってるんです。これから何かを言うんだっていう終わり方で。なので、ファッション息遣いじゃないんですよ」

・②「みかん。こたつで食べてる」
「好きな果物でみかん!?……違うんです美味しいですよ、また前(イチゴ)と同じことになってしまう(笑)。今年こたつを買ったんです。こたつでみかんを食べるのが憧れで。こたつ持ってる方いますか?(2割くらい挙手)やっぱり少ないですよね、でも良いですよね〜。着替える前に洋服を入れて、あっためてから着るのが幸せです」

・③「福岡に帰って仕事です」
「福岡出身なんですか?(違いますの答)じゃあ遊びに行くんだ…あ、仕事か(笑)。私、福岡出身なんですよ。福岡行ったことある方いますか?(4〜5割挙手)何で!?皆さん福岡出身なんですか!?」
「なんかのテレビで、福岡は一回行くと逃れられないってありました。TrySailでもツアーで来年に行くんですよ。何月かに(客席から2月だよ!の声)」

・④「大食い。以前トラハモCDの食事コースを巡ろうとしたがギブアップした」
「牧のうどんって結構量ありますもんね。あ、牧のうどんっていうのは私が好きなうどん屋さんで。そこ以外にも色んなところに行ったんですけど、TrySailのふたりも全部食べてました。私、学校終わったらお母さんと待ち合わせして、牧のうどんに行って、それでそのあと夕食を食べてたんです(笑)。だから鍛えられてたのかな」

・②「ビワ」
「(アクセントで迷う)ビ↑ワ?ビワ↑?…あ、海にもありますよね…ビナ(貝の一種)か。岩についてるやつです。海で取ってきて、家で調理して爪楊枝でほじくってよく食べてました。うちでは椎の実も結構食べてたんですけど、こちらは馴染みがないんですかね。ナンスの漢字を説明するときに『椎の実の』って言っても伝わらないことが多くて。でもうちの庭に椎の実もビワもあって、よく食べてました。2階の自分の部屋の窓から採ったら、部屋がアリだらけになったことがあって、それ以来木に登って採るようになりました。庭にはイチゴもありましたね。全部お母さんがポイッてしたら木が生えてきたんですけど、庭に養分があったのかな」

・②「桃。克服して好きになった」
「えー!もともと嫌いだったんですか?日本人って桃かメロンのイメージあるんですけど。(麻倉さんを応援する上で嫌いなわけにはいかなくて、との答え)…洗脳!?もし私の名前が『麻倉ドリアン』だったら大変だったかも」

・⑤「クジャク。昔飼っていた」
「お家は動物園ですか?(庭が広くて、との答え)庭が広い。はぁ〜。鳥系でいうと、インコは二羽飼ってました。ヒヨコを飼ってた友達は、すぐにニワトリになってショックを受けてたんです。ニワトリとかハトって苦手な人多いけど可愛いですよね。昔ハトにエサをあげてたら、懐かれて膝に乗ってきたり。あとはお米を庭にまいたらスズメがきたり」
「(尺を気にしつつ)あー、もうひとつ言ってもいい?うちにツバメが巣を作って、毎年違う子たちが巣に入って。ドアの前の門?を開けると、その音で親が帰ってきたと勘違いしてピーピー鳴くんです。思わせぶりは良くないと思って静かに門をあけるんですけど、それでも鳴いたりするとゴメンね〜って」
「皆さんも、是非鳥を食べるなりしてください」




ここからプレゼント抽選。
普通に箱からくじ引きかと思ったら、「スタッフ〜」の声に呼ばれて出てきたのは、大人3人がかりでやっと持てるほどの、巨大なあみだくじ。
麻倉さん曰く、「出落ち感がすごい」。

麻倉さんが「思いを込めて」選んだところからあみだくじして、計6人にサイン入りプレゼント。
「宣伝ポスター」「歌詞カード」「ジャケに使われた食品サンプルの桃」が2名ずつでした。


最後のコメント。
「一人で話す経験も少なくて緊張してたんです。でも、皆さんの顔がよく見えて、表情や考えが伝わってくるリリイベは、いちばん…ではないかもしれないけど、『私、リリイベ大好きなんだな』と気付きました。これからも頑張って、会える機会を増やしていけるといいなと思います。短い時間でしたが、遠いところからも、寒い中ありがとうございました!また会いましょう!」





以上です。
フリック入力つかれた。

んー、ラストの息遣いのことを知れたり、「リリイベが好き」という言葉を聞けたり、とても濃かった。
鳥のエピソードみたいな爆発力から、アーティストの話になると深い話まで聞けて、麻倉さんの魅力がたっぷり詰まってたと思います。
とにかくリリイベひとつ行けてよかった。

ビワは僕のを採用していただきました〜嬉しき〜。
ほんとは「ビワ」のあとにアピールポイントもちゃんと書いてたんですけども、そこはトークに発展しなかったので割愛しました。
適当に書いたわけじゃないからね!(必死)



2016.12.12追記

「ここにいるってことは、CDを買って聴いてくれてるってことなんですよね」という事実を認識している姿と、「わたし福岡出身なんですけど」「牧のうどんというのは、わたしの好きなうどん屋さんで」という初心者(という表し方が適切でないのは百も承知)向けの説明とが共存するMCが、なんだか不思議だったなと今更ながら思いました。
揺らぎ、とでも言うか。
ネガティヴな意味では全く無くて、「もしかしたら曲を聴いてくれていても私自身のパーソナルな部分のことは知らないかもしれないから、きちんと説明しよう」という麻倉さんの気遣いや優しさの表れだったのかなぁ、と個人的には思いました。という余談。