せーはくの備忘録

  ブログ(blog)は、World Wide Web上のウェブページに、覚え書きや論評などを記すウェブサイトである。

20160918『Various BLUE』リリースイベント第2部

2016年9月18日に都内某所で開催された、雨宮天さんの1stアルバム『Various BLUE』のリリースイベント。


1部は不参加で、2部のみ参加しました。

都内某所といっても乃木坂の都内某所ではなく、池袋の専門学校内のホール。
だいたい650人位のキャパらしいです。
横は22列、1~402番は1階席、403番以降は2階席。


リリースイベント後の雨宮さんのブログ→こちら


各部分にジャンプします。クリッククリック! 
※9/21 12:00追記
このジャンプするやつ、スマホだとぺージまたいでしまうので上手くいかないみたいです。
一番下行ってパソコンモードに切り替えるといいかも。
※9/21 12:10追記
と思ったらページをまたいでジャンプする機能を覚えました!やったぜ!!



開演16:01
終演16:55

大体、フリートーク20分、アンケート10分、ライブ25分といった感じ。


開演前にスタッフさんから簡単な注意。
「ライブ中は立ってもいいですよー」とか、「天気はどうですか(時々雨)…相応しい天気ですね」とか。



雨宮さんが登場。
トップスは黒のオフショル、青いネックレス、下は青のスキニー、靴は黒。
前述のブログに画像あるからそれを参照するべし。肩。




挨拶の後、トーク開始。


雨宮
びっくりです、アルバムを出す日が来るなんて。
アルバムを出した後にライブをするというのは自然なことかもしれませんが、私は1stアルバムだったので、びっくりが続いたような感じでした。
アルバムを作るとなって、1stアルバムなのでこだわりを詰め込みたい気持ちがあって。
デビューから2年以上経って、スタッフさんも、私がこだわりが強いタイプだと知ってくださっているので、私のこだわりを反映してくれて、『Various BLUE』は好きなアルバムになりました。

雨宮

私は全力で録って、良いものができたと思っていますが、やっぱりリリースは怖かったです。
自分が良いと思うものを、皆さんが良いと思うかどうかは別で、私だけが良いと思っても、それは自己満足で。
でも皆さんが書いてくださる感想とかを読んで、嬉しいことが書いてあって、リリースして良かったと思いました。
皆さんに曲が届いて、私のこだわりを感じ取ってくれて、良いと思ってくれて嬉しかったです。
『Various BLUE』を聴いてくださり、ありがとうございました。

雨宮
信じられないことに、一週間後にはライブがあるんですよね。
でも、今日はリリースイベントならではの独特な雰囲気を楽しめたらと思います。
リリースイベント好きなんですよね、皆さんの顔がよく見えて。
(会場全体を見渡しながら)私視力下がったんですよね…前は1.5はあったんですけど、今は1.0くらいで。
それでも良い方ですけどね、皆さんよりは良いかもしれないです、(観客は)結構メガネの方多いですもんね(笑) 





雨宮
書いていただいたアンケート(後述します)に「Absoluteなこだわり」というのがあったと思うんですけど、自己紹介じゃないですけど私のこだわりについて話したいと思います。


・毎日すること 

雨宮
帰宅して最初に、まずうがいをします。
前は茶色いうがい薬を使っていたんです、買うのをかーちゃんに任せていたので。
でも自分で買いに行ったら、青いのがあって!
私が好きな青よりは薄いんですけど、でも青いので喉を濯ぐっていいなと!
青い子が悪い奴らをテイヤッ!テイヤッ!ってしてくれるのは素敵だ!と思って(笑) 

雨宮
あと、スマホを拭きます。 
手を洗っても、汚い手で触っていたからスマホは汚れてるじゃないですか。
なので、ウェットティッシュで拭きます。
掃除は苦手なんですけど、外のばい菌は嫌いで。
エレベーターも第二関節?第一関節?ココです(指を曲げながら。第二関節でした)、ココで、こう、こう!(第二関節でボタンを押す仕草) 

雨宮
同じ理由で吊革も掴まないんですけど、こないだまぁまぁ混んでる時があって。
本当に混んでる時って、踏ん張らなくても挟まって立てるじゃないですか。
でも、掴むところがないくらいにまぁまぁ混んでる時に急停車して、倒れちゃって、椅子に座って寝ている女性に壁ドンしちゃったことがあって(笑)
今後は、ここを掴むぞと決めとかないといけないな、と思いました。
あと、私ヒールをよく履くので踏まれた側は痛いかもしれないです。
皆さんの中にも経験ある方いらっしゃるかもしれません…すみませんね本当に(笑)


・抗えないもの 

雨宮
空腹ですね。以前までは睡眠も抗えないものだったんですけど。
起きていたいのにいつのまにか寝ちゃって、夢の中で現実の続きをしてたりすることがあって。
けど、ブラックコーヒー…「ブコ」って呼んでるんですけど…を飲み始めて、抗えるものがあった!と。
飲んだら本当に眠気が覚めて、魔法のドリンクだ!と思ってから好きになって、睡眠はクリアしました。 

雨宮
でも、空腹は心もダメになってしまうんです、機能しないんですよね。
そういう方いますか?(挙手)…3割くらい、ちょいちょいいますね…でもそんなにいないみたい。
私はネガティブになっちゃうんです。
うふふあははってしている人がいると、「私の格好変なのかな…私のこと笑ってんのかな…」みたいに。
私、分かりやすいみたいで。
撮影中とか、もちろん仕事しようと思ってるんですけど、バレるのか、昔からよく見てくださってるスタッフさんから「お腹すいてる?」って(笑)
そういう時はパクっとしてます。


・弱点 

雨宮
虫ですね。
子供の頃から山に囲まれて過ごしてきた人は好きかもしれないですけど、私は東京育ちのもやしっ子なので。
子供の頃よりも更にダメになりましたね。
私が虫をダメだからか、やたら寄ってくるんですよ。
自然の中のアフレコスタジオがあって…あ、スタジオに木とかが生えてるわけじゃないですよ(笑)
そのスタジオで厠…じゃなくてお手洗い、いつも厠って呼んでるんです(笑)
そこに、こんくらい(指で5cmくらいをつくって)の蜘蛛がいて、こんにちはー!みたいに…とんでもない思いをしたというのが、先月のことです。 

雨宮
こないだもライブの練習をしていたら、上から蜘蛛がこんにちはー!ってぶら下がってて。
でも練習中なので、こうやってとびのきながら(実際にぴょんぴょんしてました)歌い続けていました。
ぶら下がってきたところが、真ん中じゃなくてちょっとズレていたので良かったんですけども、もし真ん中だったら…こう(頭に直撃する仕草)ですよね。 

雨宮
ちなみに、一番苦手な虫はガガンボです。2位が蜘蛛で、3位がGですね。
あと、撮影の帰りに下に虫がいたことがあって、運動神経のない私があり得ないくらいの動きで虫を避けて、スタッフさんに「宙を2,3歩駆けていた」と言われたこともありました(笑)

 



続いてアンケートのコーナーに。

項目は以下の通り。
  1. 『Various BLUE』の中であなたがお好きな曲のポイントを、ピンポイントでピックアップして教えてください
  2. あなたの知っている「青」なものを教えてください
  3. あなたのAbsolute(絶対的)なこだわりがあったら教えてください
  4. 雨宮天に聞きたいことはありますか?
  5. これから雨宮天にやってほしいこと・望むことがあれば教えてください
 
③こだわり「サラダなどにタレやドレッシングをつけない」
雨宮
コストコって行ったことある方いますか?(挙手)…あぁ、頷いていますね。 
コストコサラダエレガンスって知ってます?(挙手)…ちょこちょこいますね。
以前、母とその妹…叔母ですね、あと私でコストコに行ったときにサラダエレガンスを買ったんですけど、それが美味しくて。
サラダにつけるとしたら、私のオススメは、サラダエレガンスとオリーブオイルとチューブのにんにくです。
是非使ってみてください…つけないって言ってるのにかけてって言ってるのも失礼ですけど(笑)

④質問「青い人を描くコツは?」
雨宮
青い人、知ってますか?(会場笑い)
ライブのグッズTシャツも青い人で、私の自画像がグッズ化したんですけど。
綺麗な青いTシャツです、私もリハで着てます(笑)
描くコツですか…そもそも私もあまり考えずに描き始めたので…。
ブログに載せる画像があまりなくて、それでできたんです。
面白いものがないんですよね、買うもののメモとか、ゼリー状のドリンクが零れて机の上で、こう(小さな山の形の仕草)なってて、「かわいい!」と思ってカシャ! 、とか(笑)
でも、分け目は気にしますね、自分の前髪を触って確認して。 
あとは適当です、丸描いてチョンで。

④質問「第1部でネイルが剥がれていましたが、大丈夫ですか?」 
雨宮
第1部の途中で親指の爪が剥がれてしまって、両面テープでつけたんですけど何度も剥がれてしまって諦めたということがあって。
今は両面テープとアロンアルファでつけたので大丈夫です!
アロンアルファはマネージャーさんに借りました、いつもは自分で持ってるんですけど、今日は忘れてきちゃって。
私の昔から変わらないところで、ガサツなところがあって、自覚はあるんですけどね。
両面テープとアロンアルファは、私のガサツさを支えてくれています。
ボタンが取れたときも、両面テープで元通りだし、えへへ。
道で躓いて靴底が剥がれたときも、アロンアルファですぐにくっつきますから。
彼らは心強い仲間です。

③こだわり「イヤホンがよく耳から取れてしまうので、耳にかけられるものを使っている」
雨宮
わかります。
私も耳の穴が小さいのか、買ったときに付いているものだと取れちゃうので、入っている中で小さいのに付け替えています。
これどうでもいいことなんですけど、イヤホンってすごいなと思うことがあって。
よくイヤホンをどこかに置いてきちゃので、外で使うのは高くないのを使ってるんです。
それを、デニムのポッケに入れたまま洗濯してしまって。
梅雨の頃だったので、そのまま乾燥機にかけちゃって、こういう感じ(身をくねらせて)になっちゃって、デニムだったので青く染まってて。
「ごめんなー」って思ったんですけど、でもまだ使えたのですごいなと。
今でも愛用しています。 

④質問「今日は雨ですが、これは雨宮さんの力ですか?」
雨宮
私が見た週間天気予報で、一週間の中でも今日が唯一曇りで、「ついに雨じゃないリリースイベントができる!」と思ってたら、やっぱり雨でした。
今までのリリースイベントにも参加してくださった方は分かると思うんですけど、ずっと雨で。
やっぱり雨女なのかなぁ…でも、雨は大事ですからね、感謝してもらって(笑)

④質問「弟とのエピソードを聞かせてください」
雨宮
ペンネームに触れて)大学が始まってしまうんですかね(笑)
いろんなペンネームの方がいますよね、好きなものだったり、こうして近況だったり。
弟も忙しくなってきて、前よりは一緒じゃないです。
こないだ、LINEにモルモットの動画を送ったことならあります。
たことある方もいるかもしれないんですけど、2匹のモルモットが1本の草を端から食べていって、真ん中まで来た所で片方が勝って、負けた方は死んだ魚のような表情をしていて。
すごいの見つけたぜ!と思って送ったんですけど、弟はそういう動物の動画が好きみたいで、知っていたそうです。

①ピンポイント「『チョ・イ・ス』の"赤いスニーカー"のところ」
雨宮
私も最初に歌詞を見たときに「赤なんだ」と思いました。
作詞家さんに聞いたわけじゃないので私の解釈なんですけど、私はそれまで『チョ・イ・ス』ほど明るい曲を歌ってこなくて。
『月灯り』のカップリングだったんですけど、当時歌うのが大変で。
今よりも暗かったので、『チョ・イ・ス』みたいな明るくて元気な曲に、私のメンタルが負けちゃうんです。
『チョ・イ・ス』は外に出てる感じの曲で、でも私は外に出ないので(笑)
そこで、赤いスニーカーがヒントをくれたんです。
「これは別の世界線の、真逆な私」という妄想でレコーディングをしました。
私の中でも大事なポイントでした。




ここでアンケートコーナーは終了。

雨宮
もっと話したいことあるんですけどね…。
フリートークで話したいことも、『今日から俺は!!』についてとか。
これはまた後日ということで。





椅子から立ち上がり、


雨宮

ではライブコーナーにいきたいと思います!
トークのときの、何て言うんですかね、リビングで話してるような雰囲気から、骨まで走る緊張感に。
よろしかったら皆さんも立ってください。

雨宮
リリースイベント恒例の深呼吸をしたいと思います。
Skyreach』のリリースイベントから参加してくださっている方っていますか?(挙手多め)…わ、こんなに、ありがとうございます。
皆さんは深呼吸のプロですね、「リードするぞ」という気持ちでやってください(笑)
では3回やります…………本当にやりましたか?(笑)
1回目はOKですけど、2回目と3回目はサボってませんか?(笑)




ライブコーナー。


01.ASH

イントロや間奏で真っ直ぐ前を見る雨宮さんが、「Skyreach」のときの姿にダブって見えました(懐古厨
振付は基本フリー、サビの「あの日の歌は」「怖くはないよ」等は、リズムに合わせて右手を力強く横へ突き出す感じ。
終盤の「ash to ash, dust to dust…」は、口パクで歌いつつも腕を挙げていたので、会場は普通の「オイ!オイ!」が多かった。


雨宮
(観客の「かっこいい」を受けて)嬉しいな、少年心がくすぐられますね。
ほんと私って中学生男子だなって思うんですよね…あ、女子なんですよ?(笑)

雨宮
『ASH』は、灰色や黒っぽい、色味の薄いイメージがあったので、レコーディングのときはAメロを強めに、闇のある感じを意識しました。
Various感というか、そういうふうに曲ごとに工夫しているので、いっぱい聴いてみてください。

雨宮
あと、今日が初披露なのに皆さんめっちゃ声出ますね!
皆さんの声が聞こえると「私、かっこいいんじゃね(ドヤ」と(笑)
この調子で私を乗せてください!


02.Absolute Blue

同じく振付は基本フリー、サビ終わりの「いつかAbsolute Blue」、アウトロの部分で右手を前に出して、なんかこう、掴み取る感じの振付をしていました(伝われ
生で聴いてみて、CDで聴く以上にテンポ早くて音階もアップダウン激しいなっていう印象があって、ちょっと歌うの大変そうかなって感じたけども、かっこよかった。


雨宮
MVを見てくれた方いますか?(挙手)…ゲーマーズさんでMVのコメンタリーやミュージアムもまだやってますよね?(観客首肯)…やっていますので是非。 

雨宮
私、リリースイベント好きなんですよね。
私対皆さんって、あんまりないじゃないですか。
TrySailのイベントも好きですけど、違う空気感で。
アンケートから、全部じゃないですけど皆さんがどんなことを考えているのかなとかが分かって、自分も他では話していないことを色々話せて、大事な場です。
あと、リリースイベントは初披露になることが多くて緊張するんですけど、歌い終わると「歌えて良かった」と心から思えます。
今までのリリースイベントでもそうでしたし、今回もそうです。
いつもありがとうございます。
来週にはライブがありますし、これからも恥ずかしくないよう変わっていきたいと思います。

雨宮
いつもリリースイベントは2曲なんですけど、今日はアルバムなのでもう1曲歌いたいと思います!


03.チョ・イ・ス

2014年12月の『月灯り』リリースイベント(→記事はこちら。おぉ…記事が若い…)ぶりの披露でした。
振付は大きく変更・増加していました。
覚えてる部分を列挙してみる。
  • 「リズムとる雨上がり」のところで「行くよ!」みたいな感じで上手を指差し、歌いながら小走りで移動、そのまま上手側で1番終わりまで歌唱(2番は下手側へ)。
  • 2014年の時はCメロでしかサイドに寄っていなかった。
  • 確かBメロの所で、身体を横向きにしてお尻をつきだすようなポーズがあった…ふともも…スキニーのふともも…!
  • 2014年の時は「So 絶対 My Song~」で右手を横に広げ、「あちこち(上手チョイス) 手がかかる(下手チョイス) 私の(振りかぶって)やり方よ(真ん中チョイス)」だったんだけど、今回は前半部分にもちょっと複雑な振りが入り、「私の(真ん中を指しながら指でくるくる丸を作って)やり方よ(チョイス)」。


歌唱後、下手→中央→上手と走り回る雨宮さん。

雨宮
めちゃくちゃ楽しかったです!
また皆さんに会えるのを心から楽しみにしています!
ありがとうございました!






感想だよ。

どうしても過去のリリイベとの比較が入ってしまうので、そこはご了承くだされ。


フリートークについて。
 
前はルーズリーフに手書きの台本があってそれを持ちながらの進行だったけど、今回は(カンペは机にあったっぽいけど)それをほぼ見ることもなく、あくまで「話したいこと一覧」みたいな、台本というよりメモみたいな。
約20分のフリートークもとても楽しそうで、緊張感があまりなくて。
トークスキルが上がったというのももちろんだけど、リラックスしてくれてるっていうのが、うーん…おこがましい表現にはなるけど、「信頼してくれてるんだな」っていうふうに感じました。

というか、今更だけど「話したいこと一覧」を考えてきてくれること自体、とてもとても嬉しいことだなぁと。
それだけこのリリイベを楽しみにしてきてくれて、いい時間にしようと思ってくれて、伝えたいことを伝えようと思ってくれてる証拠だなぁと思うので。
 

アンケートコーナーについて。

以前からこのアンケートコーナーはあって、雨宮さんも好きなコーナーと言っていて。
で、質問項目たくさんあるけど、コーナー中にたくさん読む項目もあれば、全く読まない項目(今回だと「知っている青」「やってほしいこと」)もあって。

それについては、雨宮さんも仰っている通り「皆さんがどんなことを考えているのかなとかが分かって」っていうのがこのコーナーの主目的だからなのかなぁと思いました。
特に「やってほしいこと」の項目は、想像ですけど、イベント後にスタッフさんからアンケート用紙を受け取って、「こういうことしてほしいのか」「こういうのもありだなぁ」とか、そういう発見をするための項目なんじゃないかなと思います。
逆に、「聞きたいこと」の項目ではイベント中に採用しないと、永遠に答えが謎になってしまうから多めの採用なのかな、とか。

イベントコーナーだからってイベントの時間で完結してほしくないし、ご本人がうまく活用してくれてるのはとても嬉しいことです。
というのを終わった後に感じたので、「僕のAbsoluteなこだわりは、らーめんは豚骨だということです!」と書いたのを反省しております。


次、ライブコーナー。
 
初披露の2曲、かっこよすぎてちょっと呑まれちゃった部分があったんだけども、うぬぬ、よかったですなぁ。
大阪ライブを経ての大阪リリイベは、また違ったものになってそうですね。

アルバムの全曲感想(→こちら)の『ASH』で、「『Skyreach』と似てる」って書いたんですけど、それ書いたこともすっかり忘れてて、でもイントロで似てるって思って、後々自分の記事を読み返して「あぁ……」と思いました。

『チョ・イ・ス』はですね、号泣してしまった。
2014年の頃も笑顔だったけど、頑張ってる笑顔で、それはそれで「頑張ってる!」って思ってとても愛おしかったんですけども、今回のは心からの笑顔というか、柔らかい笑顔でした。
しかも振付めっちゃ増えてるし、それが振付の先生の指示なのか雨宮さんの判断なのかは分からんけど、どっちにしても余裕が出てきたってことなのかなと思いました。

そんなこととかを色々考えていたら、雨宮さんめっちゃ笑顔だし踊ってるし歌ってるしはしゃいでるのに泣けてきちゃって、いやでもこれ盛り上げなきゃいかんやつじゃんかと思って頑張ってサイリウム振るんですけど、どんどん視界がぼやけてきて、サイリウム振れないよぅ…ってなって、大変でした。

直前の記事で全曲感想やってみてわかったけど、多分僕は楽曲分析とか歌詞からどうのこうのとか、下手っぴですね。
曲を聴く以上に、曲との思い出を重ねるほうが好きっぽい。


 

おわり