せーはくの備忘録

  ブログ (blog) は、World Wide Web上のウェブページに、覚え書きや論評などを記すウェブサイトである。

20151219鷲崎健ワンマンライブ

2015年12月19日になかのZEROで開催されたイベント、「鷲崎健 1st ワンマンライブ<東京公演>」。



セットリストは以下のとおり。

01.「I Love You」のある世界
02.Silly Walker
03.奥さま、お手をどうぞ
MC1
04.BLUES
MC2
05.What a Pastaful World ~なんてスパゲティ世界~
MC3
06.バラバラ ~Balance 2 Variance~
MC4
07.FAITH
MC5
08.kiss x kiss
09.Da Da Da Da Da
MC6
10.Sweet Soul Music
MC7
11.うたにする
MC8
12.女の子の髪の匂いを一日中かいでたい
13.Love & Blues
14.Baby Baby
MC9
15.ワルツ
Encore
16.Baby! 人生はあっちゅー間!!
17.Dear Birthday
MC10
18.ニアリー
W Encore
MC11
19.日々WALK(ソロ・弾き語り)

開演17:10
終演19:40

鷲崎さんは物販のグレーのカーディガン(東京公演には販売開始が間に合わず)。
想定外のダブルアンコールを受けて披露した「日々WALK」以外、歌詞表示あり(曲名表示はなし)。

会場が暗転し、音楽が始まって幕が上がる。
中央のスタンドマイクに鷲崎さん、後方にはバックバンドと女性コーラスが2名。
バンドは下手から、キーボードベースドラムスエレキアコギの順。
後に、トロンボーントランペットサックスのホーン隊も加わりました。

立て続けに3曲を披露。
やっぱり鷲崎さんの歌声、カッコイイ。

MC1。
水を飲む鷲崎さんと、なぜか緊張する観客。
バックバンドに「お水おいしい?」文化の説明をしたあと、話題はフラワースタンドへ。
スティーブン・スピルバーグスティーブン・スピルバーグとは言ってない)や星野源さん等、そうそうたるメンバーからのお花がありました。
楽屋花も豪華だったそうで、名前をあげただけでも宮野真守さん、水樹奈々さん、坂本真綾さん。
鷲崎さん曰く、「花だけでZeppツアーできる」メンバー。
鷲崎「これから先、どこでMC入れるか全く決めてないんです。だから、1曲ずつコメンタリーみたいにしゃべろうと思います。みなさんも座ったままでも良いですし、サイリウム振りたかったら振ってもいいですよ」

MC2。
鷲崎「1stから4thまでのいろんな曲をやります。なんかやってほしいのあったら言ってください」
観客「TOKIO!」
会場に笑い声が出る中、沢田研二さんの『TOKIO』のイントロを弾き始めるエレキ。
そして歌い出す鷲崎さん。
ノリノリの観客。

MC3。
鷲崎「PV見ました?すげぇ可愛いのよ、久保(久保ユリカ)が。紅白決まる前でよかったー」
そのほか、PVの裏話などなど。

MC4。
性別や年代別に挙手をしてもらう、よくあるやつ。
思っていたより女性が多かったらしい。
1階席だけで20人くらいといったところ。
いつから鷲崎さんを知ったか?という問いには、やはり「アニスパ!」からという層が大半。
ひとりだけ「コメット・ルシファーの先行上映会(今年の10月3日)からです」という観客も。

MC5
ジョージ・マイケルを知らない世代が多いことに驚きを隠せない鷲崎さんとバックバンドのメンバー。

MC6。
短め。
鷲崎「サラリーマンソングでした。まぁ僕の仕事の愚痴なんて普遍性無いのでね」

MC7。
鷲崎「次の曲なんだっけ(プロンプターを見る)。あぁ、これかー。気持ち作らないと」
→「うたにする」

MC8。
「うたにする」のアウトロで一旦退場する鷲崎さん。
その後帰ってきて、「終わったと思ったでしょ。でもまだ歌ってないのあるもんね。『女の子の肘を一日中舐めてたい』だとか『女の子のヘソに醤油を垂らしてそこに刺身をつけて食べたい』みたいな曲がね」

MC9。
物販の宣伝。
鷲崎「このあと『ワルツ』やるとは思えない雰囲気だ」
鷲崎「次が最後です。これを立って歌ったりギターを持たずにやったりするの初だから緊張するな」

『ワルツ』のアウトロでステージに幕が下りてくるも、スタンドマイクが幕の内側に入らないっぽいことがわかり、慌ててスタッフさんが下手から駆け寄る。
それに気付いた鷲崎さんが自らスタンドマイクを移動させ、笑いが起きつつ本編終了。

アンコールは、バックバンドやコーラス隊も物販の黒Tシャツに。
鷲崎さんはカーディガンの内側に着用。

MC10。
鷲崎「ほんとに今日が誕生日って人はいますか?」→観客のうち、3~4人が挙手し、会場から拍手が。
鷲崎「あなたとあなたとあなたとあなたと、上坂すみれさんと小杉十郎太さんにこの歌を捧げました」
鷲崎「最初はおっかないと思ってましたが、楽しかったです」
鷲崎「『「I Love You」のある世界』から始まって何で終わろうか考えて。びっくりするかもしれませんが」
→『ニアリー』の歌い出しは、「愛などない」。

MC11。
椅子とアコギがセットされる。
そして、堀江由衣さんの『スクランブル』、田村ゆかりさんの『fancy baby doll』、水樹奈々さんの『DISCOTHEQUE』を弾き始める鷲崎さん。
鷲崎「いろんな権利を侵害している!急に鷲崎らしくなってきました」

「歌ったら終わっちゃうんだもんなぁ」と感傷にひたる鷲崎さん。
「座ってください」と声をかけ、いよいよ最後の曲。
そして『スクランブル』の演奏を始める鷲崎さん、脊髄反射的に立ち上がる観客。
鷲崎「おもちゃかw」

最後の『日々WALK』を終え、観客からはスタンディング・オベーション
「明日からは司会に戻るぞー!今日も時間はぴったりなんだぜ!」とマイク無しで叫び、鷲崎さんが退場してライブは終了しました。



司会者やラジオパーソナリティだけでない、「人間・鷲崎健」の魅力がぎっちり詰まった2時間半でした。
鷲崎さんの世界の一部を歌を通して覗けたような、鷲崎さんの世界に浸れたような、そんな素晴らしい時間でした。
鷲崎さん自身は「ミュージシャンじゃない」とおっしゃっていて、確かにミュージシャンではないかもしれないけど、音楽で人を幸せに出来る力を持っている方だと、実際に参加して確信しました。
もっとも、鷲崎さんは「誰にも見せたくないから、自分からは誰も呼んでない」と話されていましたが。
正直、鷲崎さんご自身の「楽しかった」が全部を代弁してるような。
この言葉が聞けて本当に良かったです。

素敵な音楽体験をできる雰囲気をつくりあげてくださった、観客のみなさん。
そしてなにより。milktubのbambooさんはじめ、このプロジェクトに関わってくださった各スタッフさんに感謝感謝。