せーはくの備忘録

  ブログ (blog) は、World Wide Web上のウェブページに、覚え書きや論評などを記すウェブサイトである。

20151021乃木坂アンダーライブ4thシーズン6公演目

2015年10月21日にAiiA 2.5 Theater Tokyoで行われた、乃木坂46のアンダーライブ4thシーズン6公演目。
今回は12thシングルのアンダーメンバーが出演。

順番適当、敬称略で、和田まあや佐々木琴子寺田蘭世伊藤かりん鈴木絢音伊藤純奈相楽伊織川後陽菜永島聖羅能條愛未斎藤ちはる川村真洋北野日奈子堀未央奈中元日芽香中田花奈
渡辺みり愛樋口日奈は欠席。

セットリストネタバレありです。


10月21日のセットリスト。
00.OVERTURE
01.初恋の人を今でも
02.君は僕と会わない方がよかったのかな
03.別れ際、もっと好きになる
ダンスパート
04.自由の彼方
05.狼に口笛を
06.転がった鐘を鳴らせ!
MC1
07.なぞの落書き
08.あらかじめ語られるロマンス
09.魚たちのLOVE SONG
10.遠回りの愛情
11.ここにいる理由
12.あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
MC2「緊急生討論 アンダーライブを考えよう!」
13.春のメロディー
14.扇風機
15.生まれたままで
16.涙がまだ悲しみだった頃
MC3「ファンの人の質問をメンバーが答えよう!」
17.僕がいる場所
18.何もできずそばにいる
19.ロマンスのスタート
20.13日の金曜日
MC4
21.左胸の勇気
Encore
22.ダンケシェーン
23.シャキイズム
MC5
24.太陽ノック

基本的には、センターが堀、フロント上手側に中元、下手側に北野。

MC1。
この日に13th個人PVの予告編が公開されたことを受けてのトーク
進行は中元、ほかは堀、斎藤、永島、川村、川後、純奈、相楽、能條。

07~10はユニット曲。
07.なぞの落書き
北野日奈子寺田蘭世伊藤かりん
08.あらかじめ語られるロマンス
中田花奈和田まあや鈴木絢音佐々木琴子
09.魚たちのLOVE SONG
堀未央奈斎藤ちはる永島聖羅川村真洋
10.遠回りの愛情
伊藤純奈川後陽菜中元日芽香相楽伊織能條愛未

咄嗟で中元センター。

MC2。
会場に設置されたアンケートを受けて、長めのトーク
進行は斎藤、ほかは和田、川村、寺田、堀、純奈、かりん、北野。
だけど喋れるかりんが実質進行役。
・アンダラ武道館でやってほしいこと
「演劇的なもの」
「川村のソロギター」
「ファンがバックダンサー」
「1期生2期生が仲良くライブを作ってほしい」
・アンダーライブとは
「単位を落とす理由」
「乃木坂がただのアイドルではないことを証明するためのもの。距離が近く直に触れ合え、誤魔化しが効かない分、客の反応が良ければメンバーは自信を持ってください」

MC3。
進行は永島、ほかは寺田、純奈、北野。
質問をしたい人が挙手をし、スタッフがその人のもとへマイクを持っていくスタイル。
Q「北野さんは足が臭いんですか?」
弁明中、上手袖に逃げる3人。
Q「一番好きな歌は?」
純奈「ボーダー」
寺田「バレッタ。2期生から未央奈がセンターになったから、悔しさもあった」
北野「大人への近道」サンクエトワールの新曲。
永島「表向きは『君の名は希望』で、『咄嗟』もアンダラで思い入れがある」
ここで、関係者席の高山一実にマイクが。
他にも関係者席には選抜メンバー(伊藤万理華井上小百合桜井玲香白石麻衣)の姿。
すかさず「アメイジング!」と「イイトコ―!」をする高山。
Q「永島さんにとって、高山は乃木坂で何番目に好きですか?具体的な数字を言ってください」
永島「十福神には入らないけど、トークやバラエティは凄いと思う。12番目」
ちなみに他の答えは、
純奈「16」
寺田「(メンバー全員の)37÷2で、18.5」
北野「27」

MC4。
全員が並び、堀が話す。
「今回、シングル曲をほぼやらないセットリストを組んで、びっくりしたかもしれません。でも、アンダー曲で勝負できてよかったって思います。12月の武道館も最高のライブにしたいです。そのためには、私たちだけでなく……なんて言えばいいのかな……ちゃんと伝わってるかわかんないけど、皆さんの応援あってこそのアンダーライブです。次の公演からアンダーライブは後半戦に入りますが、全員が良いライブだったと思えるよう頑張ります」

シャキイズムは、中元能條のソニレコ新MCコンビがペアダンス。



以上です。