せーはくの備忘録

  ブログ (blog) は、World Wide Web上のウェブページに、覚え書きや論評などを記すウェブサイトである。

20150709『Uh-LaLa』リリイベ

2015年7月9日にタワーレコード渋谷店で行われた、13thシングル『Uh-LaLa』のリリイベ。

おからじ聴きながらカタカタ。
雰囲気だけでも伝われば。






セトリ。
1.Uh-LaLa
2.片想いのテーマ
3.春風 SHUN PU
4.ほおずき

病み上がりのため、最後列で参加。

開演時間がちょっと押してスタート。

1.Uh-LaLa

冒頭からいきなり、イントロとともに登場。
ツアーの初っ端でも映えそう。
衣装は、麦わら帽子に「白地に赤い花火みたいな柄(byおからじ)」のワンピース(に見える上下分かれてるやつ)。
浴衣っぽく、足元は下駄。
麦わらには朱色っぽいリボン。
「どう見ても麦わらの一味ですよ」これもおからじより。
ラジオ聞きながらだと補足しやすい、これは新発見。

「こんばんは、豊崎愛生です。タワーレコード渋谷店B1 CUTUP STUDIOへようこそ。ここに来るのはちょうど1年ぶりです。『叶えたまえ』のインストアイベント以来」
客「その時もいったよ!」
「ありがとう。そう、ちょうど1年前、7月9日だったんですよ。1年ぶりです」拍手。
「みんな元気?」歓声。
「みんなタワーレコードさんで買ってくれたんですよね。あ、いつも見る顔w」
「抽選?ガラガラポンですよね」
客「当たるまでやりました!」
「当たるまで!?1枚1ガラ?1ポン?」
「私に会うの初めての人~?」
客「はーい」よく見るオタク手を挙げすぎィ。
「もしかしたらお父さんに頼まれて買ったら当たっちゃったみたいな人もいるかもしれませんが、こんな28歳なんだなと思ってください。インストアイベントは久しぶりでドキドキしていますがよろしくお願いします。あ、前苦しくない?」
客「暑い!」
「でも今日はちょっと寒かったよね~」

「Uh-LaLaはつじさんに天気についても考えてもらって、そしたら『晴れるでしょう!』と言ってくれたんですけど、雨だし、むしろ台風来てるしw あ、でもひまわりを買ってきました。去年はトマトを成城石井で買ってきたんですよ。ひまわり買うの久しぶりですね、1年ぶり。時期的にそりゃ1年ぶりか。なんかタワレコの黄色とマッチしてるね」
ステージ下手に3輪のひまわりを立てる。
「こう見ると寂しいねw」哀愁ただよってます。
「カップリングのほおずきは、2週間くらい前にラジオにほおずきを贈ってくれたリスナーの方々がいて、大事に育てています」
客「大きくなった?」
「もともと大きかったからそんなに変化はないんだー。今は緑の実がついてて、そのうち赤くなるかなと思って、水をやるのが毎朝の楽しみです」
「会社の方が今日も駆けつけてくださっていて、さっき『ひまわり似合うね』って言ってくださったんですけど、他の方が『もっと腹黒いのが似合う』ってw 私ひまわり似合わないかな」
客「似合うよ!」
「でもとまっちゃんとかのほうが」
客一同「あー…」
豊崎・客一同「www」

「MVでは浴衣を着たり、檀れいさんを意識して金麦っぽくしたり」
ここで、最前列のプレモルシャツを見つける。会場笑い。
「私は金麦が好きなんです、というか、ビールが好きなんです。夏といえばスイカとかを差し置いてビールです。でも、Uh-LaLaのMVでビールってなんだかなと思って、夏をなんとなく連想させるシチュエーションのMVにしたいと思って。着てるシャツもひまわりに『fun』で」
ここで最前?にひまわり柄のTシャツを着た客を見つけた愛生ちゃん。
「お、ひまわり女子!かわいいね~。いつも来てくれてありがとう」

水を飲む。
「これは水ですよ!透明だからって日本酒じゃないよ!」

「Uh-LaLaはつじさんが作ってくださって、夏のポップな歌になりました。メッセージを込めるというより、ワクワクするよね~みたいな、夏休みまでのこの感じ、いい感じじゃない?その感じ、ワクワク、ドキドキ、そわそわが詰まってる曲です。たくさん聴いて楽しんでください」
「そうそう、日本に来る外国の方、最近多いじゃないですか」
客「ユーは何しに?」
「ユーは何しに、じゃないけど、好きな日本語は何ですか?って聞かれて、擬音みたいなのを答える人が多くて、日本にしかないしなるほどなぁって。それこそUh-LaLaなんて『いぇーい♪』みたいな」
「そういえば、前説を読んでくださった方、『うー(→)らら(平坦な感じ)』って言ってて、渋谷っぽいなって思いました。好きなように読んでくださいね」

「他愛のない話をしすぎました。では歌を歌おうかなと。つじさんが作ってくださった曲は、Uh-LaLaを入れると4曲、musicもつじさんが歌詞を書いてくださっています。今から歌うのは、昔の曲で歌うのは久しぶりなんですけども。最近は『スフィアです!(ポーズつき)』とか」歓声。
「みんなスフィア好きなんだね~w それを定期的にやっていましたが、ひとりは久しぶりです。久しぶりに歌います」

2.片想いのテーマ

3.春風 SHUN PU

つじさんメドレー。
春風大サビ前、「久しぶりにみんなで歌いませんか?」の声かけで、みんなで合唱。
ツアー思い出すなぁ。

「片想いのテーマ、みなさん知ってましたか?ソロツアーで会場ごとに変えてた曲の1つで、いつも歌っていたわけではなかったんです。今日歌うから改めて聴いてて、やっぱつじさんの歌だなと思いました」

「Uh-LaLaのジャケは和風な匂いのする感じです。つじさんの曲はジャパニーズ!な、どっかしら日本人だからこその良さがあるところが好きなところです。『ロックンロール(Uh-LaLa曲中っぽく)』って歌ったりとか。そういうかわいさ」
「だから、日本ぽくしたらマッチするんじゃないかなと。春風とかモロ桜だし。つじさんの曲いっぱいあるので、昔のアルバムとかも聴いてみてください」
「Uh-LaLaと片想いのテーマは近い感じがあると思っています。片想いのテーマがソワソワしてる感じで、それから1~2年経って、Uh-LaLaにいってるような。だからスカ(2拍目と4拍目を強くしてる音楽。片想いはこれにあたる?)にするか迷ったんです」

「ほおずきはbonobos蔡忠浩さんに作詞作曲してもらいました。私、フェスが好きで、学生の時にチケットが買えず、じゃあ物販スタッフで入ろうと。『は!今〇〇が歌ってる!』って。集中しろよってw 今は夏はスフィアとかあるんですけど、すきあらば行ったりしてます」
「フェスとかの野外で、いつかぼわ~って歌いたくて、その時夕方に似合うのをbonobosさんにオーダーしたいと思っていました。『THANK YOU FOR THE MUSIC』とかいい歌なんだよ」
「楽器レコーディングでお会いできまして、それまでは電子的なやり取りをしてたんですけども」
客「メール?」
「そうそうメール。すみませんね昭和なもんでw」
「いつか(bonobosさんとのコラボを)やりたいなと思っていたので、夢が叶ったような気分です。レゲエな感じでびっくりしましたか?あ、そうでもなかったか。(Uh-LaLaとは)別の日本の夏みたいな」

「そういえば初恋はいつですか?」
客「小3!」
客「幼稚園の先生!」
「幼稚園の先生!いいエピソードだねぇ。ほおずきはキュンとする初恋の、出会いと別れみたいな感じ。蔡忠浩さんは『いいっすね、何十年前だろう。僕にはなかったですけどね』って。闇を感じました。無かった人は疑似体験してください」
「私は、幼稚園の男の子でした。ジュウレンジャーがそのとき流行っていて、ケイン・コスギさんとか?」
客「あー」
「君、いい食いつきっぷりだね、好きなんだね」
実際はケイン・コスギさんじゃないらしい?
ジュウレンジャーごっこをしているグループで、レッドの子が好きだったから、ピンクをやりたくて。でも、女の子がもうひとりいて、その子が勝ち気な子だったんです。そらメソでいう、柚季みたいな。私はこはるみたいな感じで、いつも譲ってたんです。そしたらレッドが『あきちゃんもピンクやればええやん!』って言ってくれて、ピンクが2人になりました」
「その子なにやってんだろうなぁ。海外に行ったらしいけど。徳島という田舎から海外って、お父様お母様はどんなお仕事をされていたのでしょうか」

「あ、まだしゃべるよ!来週もリリイベがあって、そっちは会社の企画のほうなんですけど。久しぶりでドキドキしてたんですが、みんなが笑って迎えてくれて、ご覧のとおりマイペースでやれています。ありがとう」拍手。
「いつも言ってることなんですが、耳をかたむけてくれる人がいないと歌えない、CDを出せないと思っています。今日ここのみんなは買ってくれてますけど、買うか買わないかじゃなくて、耳をかたむけてもらえることがすごいことで。朝の番組を始めて、バナナ、あ、ナナナ。あいつはいいバナナなんですよ。短冊には『フレッシュバナナになりたい』って書いていましたw」
「それで、改めて音楽って聞き流しているものなんだなぁと思って。その中でこうして聴きに来てくれるのは稀なことで、今も奇跡みたいなものだなと。その奇跡を起こし続けられるようにしていきたいです。また耳をかたむけに来てください。『耳をかたむけて』って言いまくってたらゲシュタルト崩壊起こしてしまいそうです」

「ではここでお知らせを」
客「おおっ」
「スフィアが東名阪ツアーします!」
客「ww」
「東名阪といいつつ、東東なんですけどね。そしてアニサマさんにも出ます。やべーよやべーよ、3万人なんてこう(足ガクガク)なっちゃいます。でも、もう長くやってるので、さすがスフィア姉さんだなって思ってもらえるように」
客「期待してるよ!」
「プロデューサーさんみたいw プロデューサーといえば後輩ちゃんのほうですかね、頑張ってるかわいい後輩ちゃんもアニサマに出ます」

「来週はスフィアのシングルも出ますので、タワレコ渋谷さんで予約すればいいんじゃないかなと思います」
「よくタワレコさんは渋谷と新宿にいるんです。上のカフェのサングリア美味しいんですよ。そんなお店でイベントをやれて、不思議な気持ちです。集まってくれたみなさん、渋谷店のみなさんありがとうございます」拍手。

「今タワレコでアニメのCDを買うと、『NO ANIME NO LIFE』ってついてくるじゃないですか。この前友達が買ったときに付いてきたものを、『これって知り合い?』って見せてくれたのが、完全なる小野Dさんでした」
「7/9、7/9ときてるから、あわよくば来年も…リリースしてるか分からんけども」

「あ、巻きの指示が出ました。立ったままごめんね、疲れたよね。あとでおからじでもリリイベのこと話すので、聴いて、そうだったなぁって思ってください。ミュ~コミさんにも出ます。ガールフレンドのこととか、スフィアのこととか話します」
「今日はほおずきでお終いにしたいと思います。雨で、平日の夕方なのに集まってくれてありがとう」
「仕事休んできてる人いないよね(小声)」
挙手多数。
「手挙げなくていいよ!!」

4.ほおずき

最後にひまわりを1輪だけ取り、例の「ひまわり女子」ににっこり笑いかけて手渡して退場。

退場時、スタッフさんが『うーらら(平坦)』じゃなくて『うー(↑)らら』になってました。ほほえま。

以上です。
やっぱし愛生ちゃんのイベントは文章では伝わらないあったかさがある。
最高でした。